ウェブページ

無料ブログはココログ

整食法

2017年10月11日 (水)

整食法、いかがですか?

にっこり自力整体の大野 敬子です。

昨日の天真館教室での気づきをまとめました。
 
ちょいと、質問があったのでお答えがてらの
会員さん向けのメールの内容をそのまんまです。
 
あくまで、私の整食法。
ご参考までに。
 
 
おはようございます。
昨日は、ご参加いただき、ありがとうございました。
 
私の行う整食法が、良いか悪いかは、判断しかねますし、まだまだ試行錯誤の繰り返しです。
体重の増減はございますが、只今の所不調はございません。
学べたことに関して、お伝えしていきます。
 
まず、私の身体の数値をご参考までに。初公開!(笑)
 
身長 162.5cm
体重 49.5〜50.5kg
BMI 18.7~19.0
体脂肪率 21.5~22.5
筋肉量 36.5~37.5
内臓脂肪レベル 3.0
推定骨量 2.20
基礎代謝量 1050~1100 
体内水分率 52.5~54.0 
体内年齢 37歳
 
ちなみに、一年前の数値は下記の通り。
 
体重 48.5~49.5kg
BMI 18.5~18.8
体脂肪率 18.5~19.5
筋肉量 36.5~37.5
内臓脂肪レベル 2.5
推定骨量 2.30
基礎代謝量 1080~1110
体内水分率 54.5~55.5 
体内年齢 36歳
 
こちら、タニタのインナースキャン機能のついた体組成計を使っております。
脂肪率が徐々に増えてきていますが、BMIが19.0がちょうどいいかなと思っているので、あまり気にしていません。
それよりも、筋肉量を増やしたいです。
 
体内水分率とは、体内の細胞内の水分量で、老化していくと減るようです。
赤ちゃんはむちむちピチピチで、高いのです。
ワクワクしたり、興奮したりすると上がります。落ち込むと減ります。
面白いです。
 
ガンの手術後3年めまでは、食事に気を付けていましたが、春より
手作り酵素取り入れてから、「食べてはいけないもの」を無くすようにして
できる限り、楽な普通の食生活を心がけるようになりました。
お蔭様で疲れもなく、良好でございます。
 
ガンの餌は糖分なので、糖質制限を!と、恐る恐る甘いものを食べ(笑)、
けれども、食べ過ぎなければ良いことに気づき、この夏は、ゆるゆるの食生活に。
美味しい、体が喜ぶ、からだを重たくしない食事は、常に意識はしております。
原材料の見える安心な食事がいいですね。
 
1日30品目は、多分、摂っておりません。
けれども、代謝を良くするための「酵素」「ミネラル」は欠かさずに、
サプリメント等は好みではないため、摂っておりません。
 
夜は、家族に合わせて、一緒に食事を楽しむので、時間的には少し遅いです。
9時くらいに、アイスを食べたりも・・(笑)
甘いものを食すことは常習になりやすいので、計測して、あ、増えた!と思ったらば、少し控える。
 
昨日のご意見として「空腹の時間を長くすること」をお伝えしました。
私も、毎日、18時間を空けているわけでもなく、空腹を抑えるものをつまんだりもしていますよー。
 
ただ、日中もお腹が満足するまでは食べないということです。
 
料理は好きですので作りながらつまみ食いしたり、お煎餅とか、グラノーラとか、煮小豆を食べたり、カフェで甘い飲み物を飲んだり
たまには、ランチでがっつり食べたり、デザートをいただいたりもします。
食べられない感覚を思い起こせば、少しの量でも「食べられる幸せ」を噛みしめながら、幸せ感に浸って食べます。
 
だから、ダイエットをしているという感じなどはなく、制限している感じもなく、食べたいものをいただいているので、幸せ感が満載なのです。
 
これ、すごく大事です。
「しっかりと、向き合って食べること」「感謝して食べること」
 
毎食しっかりと食べていたら、今の世の中の食事を見る限り、食べ過ぎです。
私が思うに、食べることを習慣にしなければ良いのでは?と思います。
「お腹が減ったら食べる」
「体が、そろそろ、食べて!と発信してきたら、食べる」
人それぞれの1日の活動量に見合った食事量を、出来るだけ、空腹の時間を作ってからいただくようにする。
そのご自分のからだに合った食時のリズムを自分でつくる。
それが、整食法です。
 
お腹が減っていないのに「食べたい」という欲求が勝る場合、
その欲求はどこからくるのか?どうして起こるのか?を考えてみてください。
食べなくても弱りませんし、死にません。
むしろ、病気は断食で快癒されることが多いくらい。
食べないで生きている不食の方も、ガリガリに痩せずに存在しています。
すべては、脳の思い込みだったりします。
 
変化した身体の軽い感じ、
身体の中が、スッキリした感じを体感されて、身体に記憶させてください。
(これは、たくさん排泄が無いと感じられませんね)
食べて出すのではなく、食べないでも出せるような体を目指しましょう。
 
空腹の時間を長くすれば、朝一番で、出るようになります。
(寝る前に、空腹であること)
朝一でなくても、食事の後に、出たりもします。
流れるように出せれば、どんどん出ていくようになりますが、
このリズムをいかに作るか?にかかってきます。
 
食べれば、出る    →    食べなくても出せるような、からだの巡りをつくる。
このポイントは、いかに空腹の時間を長く作るか?です。
「空腹の時間を長く作ること」を断食と言います。
 
水分は、たくさん摂ってくださって結構です。
 
いきなり、断食はハードルが高いから、「空腹の時間を作ること」
から、始めてみてはいかがでしょうか。
 
以上 何か、どこかに引っ掛かったら幸いです。
大野の学びからのシェアでした。
 
私たちは、幸せに生きるために、生まれてきました。
でも、からだは借り物です。
皆さんの魂が宿っているので、動いています。
借り物のからだは、大切に扱ってください。ですから、日々のメンテナンスが必要なのです。
食べたいという欲求についてですが、心が豊かに満ち足りてくれば、おのずと無くなっていくと思います。
 
どうぞ、心満たされる毎日をお過ごしくださいませ。
 
それから、月4回6000円月謝会員制も新たに設けました。
整食法7、整体法3で、からだは整っていきます。
動かして、巡りのよいからだに、老廃物を集めて流して、排泄力を高めていきましょう。
是非、ご自宅でも、習慣にされてください。
 
ではでは、また、来週もよろしくお願い致します。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

Dsc_15991

三連休の前日、稲村が崎温泉へ。
平日でしたので、空いていました。
海を久しぶりに見ました。
天気が曇りで、どんどん寒くなって
帰りは雨降りでしたが、
湘南の海沿いを長谷から鎌倉まで歩いたり、
久しぶりのお出掛けでした。

2017年8月25日 (金)

ほどほどの調子の維持

 
にっこり自力整体の大野 敬子です。
 
いつも、読んでいただき、ありがとうございます。
 
お教室に通われているHさん、
暇があれば、輪っかタオルを手に、
 
骨盤下げ、
頸椎のすき間を開く・・・を実施。
 
その結果、腰痛や肩こりが
すぐに治った!と
1年前に嬉しいお言葉をいただきました。
 
整食法も、
午前中は固形物を入れず、
スムージーに。
 
前日の夕食から、翌日の昼食まで
固形物を胃には入れずに過ごす。
 
主食は、白米から、分づき米に。
(精米機を使っており、5分づきとか、選べるそうです)
 
体重はストンと落ちて、
それから、多摩川のジョギングを始められたとか。
 
そして、単発会員から月謝会員になって、2ケ月。
 
これまでの体重の
ベストの記録を更新したそうで!
おめでとうございます。
 
何となく、肩周りがスッキリされた感じ。
また、さらに流れが良くなっていったのでしょうね。
 
やはり、単発より月謝会員をおススメします。
 
整食法はどんなダイエットよりも辛くなく、
からだも動き、軽く感じるようになって、
無理なく減量。
 
体重を基準ではなく、あくまで、からだの
感覚を重視していただきたいのですが、
数値で変化を見ることも然り。
 
食べない時間が当たり前になることに
からだが、慣れていく。
 
長年の習慣を変えるということは、
大変な根気と努力が必要です。
 
消化器がよろこぶ。
次に使う時に、フルに働いてくれる。
 
消化って本当に、たくさんのエネルギーを
使うのですよね。
 
Hさん、
「ちょっと食べ過ぎても、
直ぐに元に戻る(体重)ようになってる!」
と、驚かれていました。
 
こうなると、ご自分のからだにも自信が出てくる。
 
効果がきっちりでると、さらに
やる気が湧きますね。
 
さて、効果が出ない場合は、
何がいけないのか?
どこが、いけないのか?
 
考えて、気づく必要があります。
 
上り調子にいっていても、突然、
下りになったり。
 
同じ調子でいくということが
どれだけ難しいものか?
 
私もそれは、常々感じています。
 
調子の良し悪しを見るのに
私にとっては、排泄ですね。
 
少ししか出ない時は、
からだもスッキリしない感じで
お腹も、にわかに膨らんでいます。
 
こんな感じになる前日の食生活は、
大抵、ダラダラと食べています。
 
お腹が空くまで待つことができるのですが、
その後にダラダラと食べている。
 
困ったもんだ。
 
まだ、心が整っていないのでしょうか。
食べ物に執着しているのでしょうか。
 
それから、この夏は、
体に入れるものを、躊躇なく解禁したもの、
ビール、
アイス、
市販のお菓子、
 
あー、その結果が、二の腕のボヨボヨした感じと
毎日の排泄量の減少かな。
 
栄養なんて、無いに等しいものたちです。
 
美味しいものが周囲に溢れているのが
いけないんだ!
 
あー、自然に囲まれて、緑のある中で
過ごしたい・・・。
 
出ないのは体に悪いので、
すっかり、食べないで過ごしています。
 
食べなくても、お腹が減らない・・・。
ビックリです。
また、からだの声を無視して食べていたんだな。
 
食べないことで、治すという方法は、
荒療治に聞こえるかもしれませんが、
とても効果的です。
 
これで、ドドーンと出てくれることを期待して、
明日の自力整体にも力を入れる。
 
「絶好調を維持する」ということに執着せずに
先はずーっと続くのですから、
ほどほどに、よい調子を目指していきたいものです。
 
しかし、暑い!
「熱い」と言った方がいいかも。
 
今日は、今年最高気温になるそうだ。
お気をつけてお過ごしください。
 

20170816_224337

暑くてひっくり返っています。
こんなポーズでも寝られる半蔵です。

 
 

2017年6月11日 (日)

からだの掃除

 
にっこり自力整体の大野敬子です。
いつも、ありがとうございます。
 
今朝は、キッチンの水回りを綺麗にしました。
先日は、ガス台を久しぶりに掃除して、、、
ずーっと、気になっていて
なかなか、出来ずにいたところを、
やっと綺麗にしたら、
 
キャー(*^▽^*)
やっぱり、気持ちがよろしい!!
 
放置していた油汚れって、なかなか落ちないのですが、
それが、スッキリ無くなるって、
新しく蘇ったガス台に
頬ずりしたくなるくらい、嬉しい!!
 
このガス台・・・、
私はよく自分のからだに置き換えます。
 
汚れを放置しておくと、どうなるか?
 
このガス台に溜まる油のように
こびりついた汚れが重なって
ちょっとやそっとでは、びくともしない状態に・・・。
 
汚れや油=老廃物!!
似ていませんか?
 
毎日、少しずつ、掃除していれば
こんなことにはならないのです。
 
ガス台のお掃除のたんびに
「もっと、こまめにやろう!」って
何度誓うことでしょう。
 
固まってしまって、動かない老廃物、、、
これが、関節の中に入っていると
まず、可動域が狭まり、
動かなくてはならないはずの関節が
うまく動かせなくなってきます。
 
固まると、水では落ちません。
寒い環境では、カチコチのままです。
温めて、ふやかすように放置しておくと
ツルンと汚れが浮きます。
 
これは、次に消化をするものを入れない状態をつくること!
要は、「断食」です。
あたたかな環境に、少し時間を置いて
放置しておかないと、
浮かない、動かない、流れない・・・。
 
それで、充分にふやけて、浮いたら、
後は、ご自分が生成するホルモンの力で
集めていきます。
 
ゴミ回収車が来て、持って行ってくれる。
それまで、じっと我慢しましょう。
そうすると、、、
「滞留便」となって出ていくのです。
 
この断食の時間帯に、自力整体をやったら・・・
血流が良くなって、からだは温まってきます。
 
副交感神経が働けば、
自分のからだの治癒力が働き、
改修作業を担ってくれます。
 
内臓の活動を休止しておかないと、
この回収、改修作業は進みません。
 
からだの中で、一度にあれもこれもは出来ません。
原動力となるエネルギーに限りがあるから。
 
ガス台の汚れを見て、
我からだの内側を見直す・・・。
 
よいきっかけになったら、いいですね。
 
それで、綺麗なものを見て、
我からだの今の状態だわ~❤って
頷いていきたいものです。
 
そうだなー、
重曹で磨かれたコップなんて、
いかがでしょうか?
 
輝くコップのようなからだを
目指していきましょう!
 

Dsc_11271_2

ドテラの植物ミネラルと野草の手作り酵素です。
18日のガン予防のお話会に持って行きます。
野草酵素を入れた焼酎割り、二日酔いになりません!(笑)

 

2017年5月14日 (日)

デトックスの5月

 
にっこり自力整体の大野 敬子です。
いつもありがとうございます。
 
昨日の雨は、時に激しく降る、
久しぶりの雨の一日。
足元のお悪い中を、お教室に来てくださり
ありがとうございました。
 
大戸会館のお隣には
大戸神社があって、
その境内には、立派な木があります。
 
4月には寒い日も多くて、まだ、葉っぱが
見当たらなかったのに・・・
いつの間にかに、
豊かな、鮮やかな緑色の葉っぱが、
気持ち良さそうに風に揺れていた。
 
私の視野が狭かったんだな。
 
にょきにょきと、伸びていく草花や木々、
この時期を本当に、
じーっと静かに待っていたんですね。
本当に、美味しそうな緑色・・・。
 
やだわ、美味しそう・・・だなんて、
食い意地が張っています。(笑)
 
実は、昨晩、母の日に向けて、
手作りスイーツを作っておりまして、
味見をしたけど、後を引きまして、
夜中なのに・・・、
いけません、いけません・・・って
我慢したからですね。
 
夜から翌日の午前中にかけては、
胃に固形物を入れない。
できれば、18時間空ける・・・。
整食法で謳われています。
 
私は、18時間の時もあれば、
15時間の時もあって、
お昼の12時を過ぎたら、気にせずに
その時のからだの状態を聞いて
食事をとるようにします。
 
ちなみに、18時間も胃に物を入れない状態を
「プチ断食」とも言います。
日々、休みなく働き続ける胃腸、
その他臓器たちが、不調を起こさずに
働いてくれるように・・・です。
 
その時に、お腹が「ぐーっ」と鳴ると
さらに、良い状態がからだの中で起こります。
リンパ球の中の細胞さんたちが、
良い働きをしてくださる。
特に喜ぶのが、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)です。
 
本来、寝ている間に治癒力が働きますが、
その細胞たちが活発に働くことができるか否か、
日々の生活にかかってくるのです。
 
けれども、消化力とご相談ください。
一度にたくさん食べてしまって、
かえって、消化することに負担をかける場合、
胃腸の弱い方は、こまめに摂る方が
良かったりするのかも。
 
年齢、性別、職業、体格・・・。
 
整食法は、自分で作ります。
100人いれば、100通りのからだがあり
生活も、違います。
毎日、毎月、毎年・・・からだは、変化します。
 
昨日は良かったけど、今日は?
あれ、こんな感じじゃ、なかったはず・・・。
代謝が落ちてくると、変化しますね。
 
目安は、毎日排泄が良い状態であるか?
ということでしょう。
内臓の働きを自分で感じることはできません。
 
下痢をした、便秘だ、
胃がチクチクする・・・・
症状が出るのであれば、気をつけようと
己に言い聞かせることが出来ますが、
他の沈黙の臓器たちは、いかがなものか・・・。
 
自力整体の整食法を土台にして
考えて、やってみて、観察して、
からだに聞いていくことですね。
 
私は、ようやく冬に蓄えていたものを出して
体重が1キロ減となりました。
老廃物を一度に出したというより、
少しずつ、少しずつ、でしたね。
 
あ、そういえば、腰痛が2週間ばかりありましたが、
体重が減ってからは、腰の痛みを
気にすることがなくなりました。
 
老廃物の蓄積が腰痛の原因のひとつと
考えてもいいと思います。
 
よく滞留便を出すと、からだがスッキリして、
不調が治ったりするのです。
 
体が軽いって、動きやすい、
ますます、やる気が上がりますね。 
 
この時期、断食には、良い時期です。
からだを自分で整える、
基本に立ち返ってみてはいかがでしょうか。
 
Dsc_10441
母の日のお土産、
かぼちゃプリンと煮物です。
かぼちゃプリンは、卵不使用、牛乳の代わりに
豆乳を使いました。
砂糖はココナッツシュガーで。
 
Dsc_10451_2
これは、かぼちゃのワタを入れて作ったクッキー。
米ぬかと小麦粉のハーフ&ハーフ。
押し麦がちょっと、硬かったけど、美味しかったです。
こちらのつまみ食い止まらず。
わたは、かぼちゃの3倍の栄養がある!
ちなみに、種はパンプキンシード・・・。好物です。
 
 

2017年3月20日 (月)

疲れている時に欲するもの

 
にっこり自力整体の大野 敬子です。
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
 
ちょっとばかり、ブログが書けていないことが
気になっていました。
 
毎日の課題が多すぎて、思考がついていっていません。(笑)
からだは、しっかりしてるんですが・・・
自力整体のお蔭さまです。
 
疲れている時って
皆さまはどんな症状になられますか?
 
例えば、からだをいつもよりも酷使して
疲れている・・・。
 
からだではなくて、
精神的に落ち着かなくて疲れている・・・。
 
精神的に落ち着かないというのには、
 
・やらなくてはいけないことが溜まっている状態
 
・人と話していても、気持ちがのらない状態
 
・頑張ってやってみたことが報われない状態
 
・何を目標にしていったらいいのか、定まらない状態
 
・家族といっしょにいても癒されない状態
 
などなど・・挙げていったらキリがないかも。
 
 
それで、そんな時には、どうされていますか?
 
・まず、心を落ち着けることをする
 
これも、いろいろありますが、私は
 
身辺を整理すること。
 
気持ちの安らぐ環境をつくることです。
 
癒しの音楽を流したり、
 
瞑想もいいですね。
 
とびきり美味しいものを、自分の為につくる・・・。
 
いや、食べにいっちゃう?
 
食べるという行為で満たそうとすると、
これには、ちょっと落とし穴がありますので
ご注意を!
 
それは、癒しの甘いスイーツです。
 
大抵のものに入っている白砂糖は、麻薬のようなもの。
 
常習性があります。
 
例えば、お料理にしても、美味しく感じられないものに
糖分が足りないということがあります。
 
ん?何か足りない・・・。
 
でも、これが、一度、糖質を断ってみると分かるのですが、
どんどん過剰になりやすいんです。
 
「これだけ食べて、終わりにしよう」って
自分に言い聞かせて食べた美味しく感じる
甘ーいもの・・。
 
罠があって、必ずまた食べたくなってしまう。
 
あー、私はこの罠に何度、引っかかってるのでしょう。
 
そして、糖質OFFにして生活すると、
「すごーく甘過ぎる!!」ことに気づけます。
 
それから、摂るならば、
黒糖、メープルシロップ、はちみつ、
自然から生まれた甘味をおススメしたい。
 
和食のお料理には、私は甜菜糖を使っています。
 
ココナッツシュガーはデザートを作る時。
 
ともかくも、白砂糖は
たいがいのものには使われています。
 
大量につくれて安価なものには、罠がある・・・と
私は感じています。
 
経済大国日本は、売れるためなら何でもする・・・。
 
いやはや、恐いです。
 
麻薬と書きましたが、甘いもの中毒になると
膵臓に負担がきます。
血糖値がどーんと上がると、
インシュリンを出さなくてはならない。
 
膵臓は沈黙の臓器とも言われていて、
不調を感覚でとらえることが出来ません。
 
そうなんです。
甘いものって美味しいけれど、
工夫して、適量を取りましょう。
 
そして、その分、動かなくてはなりませんよ。
お腹に、太ももに脂肪となってつきます。
内臓についちゃうと厄介ですよ。
 
食べることに話がいってしまったけれど、
疲れている時に、甘いものに手が出る・・・
要注意です。
私は今、この誘惑に闘いながらの毎日。
そして、息子からは、
「母さん、ちょっと太った!」と言われました。
 
まあ、いいか。(´艸`*)
致し方あるまい。
 
いつも、平常心を保ち、
疲れを感じない、動じない心を
手にいれたいものですね。
 
一生の学びになると思っています。
 
 20170310_133643
ちょっとブレイクで立ち寄ったベーグル屋さんで。
 

2017年3月15日 (水)

レモンを楽しむ

 
にっこり自力整体の大野 敬子です
いつもお読みいただきありがとうございます。
 
風がまだ冷たいですねー。
春は、そこらへんまで来ているはず。
どうぞ、今しばらくお待ちください。
 
さて、私は料理は好きなのですが、
最近は食べる方が好き!(笑)
 
でも我が家には作ってくれる家族がいないので
やっぱり、私がやらにゃあなりません。
 
酸っぱいものが特に好きではないのですが、
昔からレモンは好きでしたね。
 
ビタミンCはガンの免疫療法にも
取り入れられる位、
とーっても大切な栄養素。
 
私も毎日摂るように心がけていますが、
なかなか大変ですよね。
 
サプリメントは私は飲みません。
お薬のような感覚だからかな。
 
飲料水にも
「デカビタC」とか「CCレモン」とか
「1000ビタミンレモン」などありますね。
これは、私はおススメしませんね。
 
それで、今回は無農薬レモンを箱で取り寄せて、
レモン三昧をしたお話。
 
今の時期は国産のレモンが
かなりお手頃でございます。
 
酸っぱいのが苦手の方にも
使えるレシピは、たくさんありますよー。
 
レモンは、中身よりも実は
皮の中に栄養素が含まれています。
 
高校時代の部活動では、
夏の熱い時、試合の時、
よくレモンの砂糖漬けを作って持参しました。
 
砂糖を入れると水分が出てきます。
それもしっかり飲んでました。
疲労回復効果も大きいのですね。
 
で、今回はレモンピール・・・皮ですね、
これを砂糖漬けにしてみました。
砂糖は甜菜糖を使用。
砂糖の量は1/3に抑えて。
 
20170312_223542
鍋に細かく切った皮をいれたら、
砂糖を入れて一晩おきます。
 
そして、次の日に鍋を火にかけて、
照りがでるまでよく炒っていきます。
 
砂糖の量が少なかったので、あまり水分が
出ていなかったから、
早めに引き上げてしまった・・・。
 
これを、バットにクッキングペーパーを敷いて
並べて乾燥させます。
 
ここにさらに、砂糖を混ぜるらしいのですが・・・
私はパスしました。
 
上手くできるかな?
旨く・・できるかな・・ですね。
 
それから、おススメは、レモンカード
 
こちらは、実をジューサーにかけて
作ったのですが、
酸っぱいカスタードクリームみたいな感じです。
 
パルシステムのレモンカードの瓶詰を購入したら、
思いの外、美味しかったので、
その味を再現したくって!
 
美容にも良いレモン!
肌が綺麗になります。
 
これから、暖かくなってきたら、
フレーバーウォーターを!
 
20170313_084755
コリコリって感じで噛み応えのある出来になりました。
 
不味くはないけど、美味しい!!ってほどでもない。
ビタミンCを摂る目的で食べる・・・にします。
 
まだまだ、改善の余地ありですね。
砂糖を増やした方がやっぱり美味しくなるんだろうか・・・。
 
 
 
 

2016年12月 7日 (水)

断食&旧自力整体で腰痛改善

 
にっこり自力整体の大野 敬子です。
いつも読んでいただきありがとうございます。
 
さて、本日は私の腰痛との闘いについて
お伝えしていきます。
 
1週間前に友人と鎌倉へ紅葉を見に
行ってきました。
お寺を3つ、4つ周りながら、紅葉を楽しんで、
遅めの昼食をとって、小町通りをぶらぶらして
一日の歩数が久々の好記録!19195歩でした(^O^)
 
頑張って歩いたわけですけれど、
歩いている時にも実は、股関節に痛みがあって、
まあ、いいか・・・と気にせずにいましたらば、
 
な、な、なんと、翌日には、腰が痛い(T_T)
木曜日のOHANA STUDIOで自力整体をしたけど、
そのまた翌日には、
あ、あ、これは、ぎっくり腰になる感じだ!
と察知しました。
 
最近の食べ過ぎぶりで、体重もアップ、
とうとう体が悲鳴をあげた!
ナンバ歩きをしてなかったから?いやいや、
食べ過ぎ、そして排泄も、気になる日が、ありました。
それで、今回の断食決行を思いつきました。
 
土曜日から断食スタート、
1日めは、水分のみで過ごしました。
にんじん・リンゴ・セロリのジュースは夜に
いただいて、特に空腹もなくて・・・拍子抜け!
 
2日めは、日中は同じく水分だけで過ごし、
夜は、フルーツと野菜スープのみにしました。
そして、この日には2回も排泄があり、
しかも両方とも滞留便に近い!
 
すると、腰の痛みがスーッと無くなりました(≧◇≦)
す、すごい!初体験!
大腸と腰痛の関係、当たりですね!
 
腰痛は滞留便を出すと治るという断食合宿での教え、
また、不調な時には
「消化の良いものをとり、ひたすらに寝る」という
自然治癒力を使って癒す。
 
日々の整食法に慣れていくと
きっちりできていないところで
落とし穴がある!
私の「このくらい、いいか!」という心に
戒めを与えることができ、気持ちも切り替えられました。
 
さて、断食後の回復食はとても大切です。
 
3日目から私は玄米小豆粥で
昼過ぎと夜にいただきました。
(夜は、野菜スープもつけました)
今回は、食べたい衝動にかられることなく、
なんともスムーズな断食となりました。
 
特に糖質を摂らないということに慣れていくことで、
食べたいという欲求からも徐々に解放されています。
 
糖分は常習性がやっぱりあるんですね。
 
ちなみに、昨日はまた、腰痛がぶり返し、
からだが変な方向に曲がっていて、
腰に嫌な感じがまとわりついていました。
 
まだ、完全には治り切ってなかったのか!(*_*;
姿勢チェックでも右ふくらはぎがつかない。
 
ちょうど、矢上師匠の著書本が
図書館に届いたというメール!
『骨盤のゆがみを治しキレイになる!
健康になる!自力整体』のプログラムを
試させていただきました。
いわゆる新自力整体の旧作、
旧自力整体に当たるプログラムです。
 
火曜日、天真館、それから
エポック中原スポーツクラブでも、
せっかくなのでお披露目を!
肩こり、頭痛、顔のリンパ刺激、
足のむくみ取り、腰痛、膝痛に効くものです。
皆さま、いかがだったかしら?
 
1日2回の自力整体、そして、たくさん寝る!
そおしましたら、
すっかり、スッキリ、また良い状態に!(^o^)/ 
腰に軽さが戻っています!
気が巡って骨盤も調整されて、
自然治癒力も発揮された!
旧自力整体も、良いですねー。
 
先日も、どこかで、お話させていただきましたが、
良くなったり、悪くなったりしながら、
それでも斜め上に向かって伸びていく
(折れ線グラフを思い描いてね)
それで、理想のからだになっていくのだと
思っています。
 
良い状態を維持するって、日々の観察と
自力整体の習慣です!(*^-^*)
 
自分の身体で、実感でき、
そして、ぎっくり腰にまで至らずに回復して
良かった!
食べ過ぎに注意していきましょうね!
 
20161130_124900
鎌倉の源氏山公園の銀杏の絨毯。
 
 
ちなみに、体重は-2kgちょい、脂肪率は20%をきってます。
この状態を維持していきたいなー。
 
溜めるって、からだの不調の原因です!
 
 

2016年11月17日 (木)

糖質制限は大変!

 
デキストリンって知っていますか?
そうです、食品添加物です。
 
一時、私も本を読んだりして、
からだに良くない添加物を調べたりしましたけれど、
実に膨大な種類の添加物にびっくりしまして、
結果「カタカナのものや○○酸って入ってるのは、
止めておこう」という結論に達しました。
 
デキストリンというのは、
スープの原材料の表示にありました。
トウモロコシが原料の炭水化物、または糖質です。
危険な添加物かどうか?は
すっごく避けた方がいいというわけでは無さそうですが、
ただ、このトウモロコシの原産地がどこ?って考えてしまうと
どうなのかなーって思います。
 
20161115_101127
 
昨日、武蔵中原のビーンズ内で
新しくオープンした「大野屋商店」で購入しました。
「フルーツ玉ねぎスープ」
結構、濃い味付けでした。
私は飲まないかな・・・。
濃い味大好きの職人さん向けです。
 
大野屋商店さん、武蔵小杉のスクエアにもあります。
よく、利用させていただいていますので、
武蔵中原にもオープンしたとなると嬉しいかも!
 
20161115_101140_2
 
デキストリンのお話に戻りますが、
炭酸飲料にも使用されていたりする。
2種類あるそうで、
難消化性デキストリンは「食物繊維」で
デキストリンという表示は「糖質」のようです。
この食物繊維は便秘の方に良いみたいな
表記もされていました。
でも、やはり加工したものということを考えると
依存するのは、いかがなものか。
 
糖質って、加工食品には、大抵入っているんですね。
糖質制限するって、外食の方には大変らしいです。
 
私も、少し寒くなってきて、何だか
甘いものを食べると
やたらに美味しい!って感じて、
この感覚は、不味いのでは??と危険を察知しています。
 
糖質には常習性に誘う魔の手がありますから・・・。
 
たまには、自分へのご褒美!って
食べたりもしていましたが、
あれ、気づいたら頻度が高くなっている!^_^;
そして、体重も少しずつ増加している!(/ω\)
 
冬に近づいて寒くなって来て、
からだが蓄えようとし始めています。
これまで、あまり動かずとも自力整体だけで
良いからだの状態をキープできていたのに、
冬が、ちょっと怖くなってきた・・・。
 
糖質制限に向いているか、向いていないか?
簡単なテストを出されているサイトを
見つけました。
 
「炭水化物中毒者を見極める!~糖質制限適正診断テスト」
 
炭水化物中毒者!!
炭水化物って糖質が多いからですね。
今の整食法は、がっつり玄米食べていますし、
昼間の12時~18時の間には、甘いものも食べてます。
炭水化物は大好き❤
 
夕食はしっかり食べて、昼間はできるだけ、軽食にしています。
自分に合った、摂取法、ストレスを溜めない食生活が
一番ですね。
きちんと、排泄を促せるように・・時間にも気を配りたいところ。
 
冬は少しアップテンポにしたウォーキングもおススメします。
からだがほかほかしてきます。
しっかり動いてそのご褒美に甘いもの!
出来れば、原材料にはこだわりたいところ。
 
Img_0086
 
玄米の麹でつくる甘酒は、米麹よりも
スッキリとした味わいです。
米麹ほど、甘くないのです。
是非、お試しになって!
発酵ものは、腸内の環境を良くしてくれます。
乾燥麹ですが、1時間ほど水に浸して
米麹同様に使います。
 
甘さが控えめだと、ちょっとだけ罪悪感が軽くなる。
罪悪感を持ってはいけないなあと思いますが、
なかなか・・そうもいきません。
 
気を引き締めて、甘味を味わいます。
糖質には常習性に、お気をつけになって!
改めて危険を察知した11月の前半でした。 
 
上記の糖質制限テスト
なんと私も試しにやってみましたら、
【中度の炭水化物中毒】でございました!(*_*;
 

2016年10月 5日 (水)

食養生に自然療法

 
若杉 友子さんの本を読みました。
若杉ばあちゃん!と呼ばれているそう。
 
『長生きしたけりゃ肉は食べるな』と
『野草の力をいただいて』という2冊。
図書館で借りてきました!
 
20161004_222234_2
 
長生きしたけりゃ~の方には、
・戦後の日本に入ってきた欧米化の生活が
日本人の体調不良を生んだこと
 
・お米のススメ
 
・ガンを治した自然療法と食事
 
・世の中の常識や情報のカラクリ
 
・食養生の実践のススメ
 
・体によい食べ物と悪い食べ物
 
・一汁一菜が病気知らずのからだをつくる
 
などなどが書かれています。
 
がんサバイバーにとってみれば、
正に実践していきたいことばかり。
健常者の方にとっても、疾病予防知識として
知って、実践されてみてはいかがでしょう。
知っておいて損はありません。
 
若杉さんの著書を一冊一冊読み進めて、
少しずつ陰陽に踏み込んでいけますね。
未だに分からぬことだらけではありますが。
 
こちらは、2013年に発刊された本。
乳がんが間もなく分かった時期に重なってます。
 
私たち世代(1965年生まれです~)が
何も考えずにしてきた食生活のツケが
ほころんで見え始めてきたんだなー。
 
野草の力~の方には、
太陽の恵みと大地の力を存分に受けた
力強い野草と、その食べ方、使い方が
たくさん紹介されています。
その生命力をからだに取り込むススメです。
 
それから、若杉さんの京都の綾部という
山奥での生活が、たくさんのお写真から想像できます。
 
こちらの本はエッセイ風に書かれていて、
また、読みやすい!
若杉ばあちゃんの笑顔が本当に素敵です。
 
たぬきの子どものお弔いの章では、
考えさせられました。
自然を破壊していく人間のせいで野生の動物の
食べ物が無くなって飢えて死んでいく。
怒りをぶつけてくる文章にも、説得力ありです。
丁寧に弔うんです。
自作のヨモギ回転焼きを冥途のお土産にと持たせて。
泣けてくる・・・(;_;)
 
山奥の生活、
想像していたよりも遥かに過酷です。
生半可な気持ちだったり、
都会でぬくぬくと育ってきた者には
無理なんだろうなーって思ったり。
 
でも、憧れています!(*^-^*)
 
煩わしいことから離れて、自然と向き合うこと、
いつか自分が望んで、生活しているところを
想像しています。
 
自然療法、食養生、
人間の本来の生き方を学ぶには
もってこいの本ですよー。
 
ご紹介くださった尊敬する先輩ナビに
改めて感謝致します。
 

2016年6月26日 (日)

断食レポート その2

 
前回のブログの続きでございます。

3日め、午前中、人参りんごジュース、生姜紅茶2杯(黒糖入り)

昼過ぎ 甘酒 豆乳割り
夕方 回復食 九条葱のお蕎麦、アスパラの炭火焼き、
そして、U子さんの合唱のステージを鑑賞
家に帰って、甘酒を飲みました。
 
20160619_172851
 
翌朝の体脂肪率が、甘酒のせいだと思うけど、
2.6%も上がってしまった(/ω\)
覿面に数値になって現れる・・・恐るべし、です。
体重は0.8kg減でしたが。
 
ということで、トータル的には、体重は2kg減、BMI 0.7減、
体脂肪は最後に上がっていたけど、
最低値を見れば、2.3%落ちて、筋肉量は上っていた。
内臓脂肪レベルも0.5ダウンでした。
 
お教室のYさんも体重は2kg減ったとのこと。
お腹のペタンコになる感じがたまらなく、良かったですね。
これだけで、テンションが上がりました。
フラフラしたり、ちょっと集中力に欠けたりしたのが、意外でした。
「食べない」ことで、頭が食べ物のことを考えなくていい・・ってことが、
すごく楽だった気がしました。
家族の食事は作っているけど(職人はガンガン食べます)
自分が食べたいって思うものへの欲求が、
かえってストレスを生んでいるとでもいいましょうか、
食べないと決めると、買い物に行く、選ぶ、迷う・・
といった思考がゼロになって、気持ち的に楽でした。
常日頃、食べたいものを食べながら、
罪悪感を感じているからかもしれません。
 
がん再発を避けるために、食事には気を遣っている。
でも、これくらい大丈夫かな?とか
たまにはいいだろう・・という気持ちの裏側に
「本当にいいの?」みたいな声が
聞こえなくもないのです。
これは、『恐れ』です。
この恐れについては、手放すことが大切って
今、読んでいる本に書かれていました。
(「がんが自然に治る生き方」ケリー・ターナー著)
知らず知らずのうちに抱いている
無意識な感情・・私も気づくことができました。
 
それから、酵素玄米もいつも美味しく食べているけど、
玄米小豆粥が、これまた美味しかった!
毎日食べてもいいくらいだし、今回は食べ過ぎていました。
もう少し減らして食べ続ければ、これまた効果が出ると感じました。
 
人間って本当にいろいろな欲にかられて、
生きているんだなって、改めて感じられた断食でした。
YさんやMさんが、いち早く、断食を体験されたこと、
何よりもその行動力に感動しています。
断食合宿に行かなくても、
日常生活の中で、行えること・・・これぞ、整食法です。
一日3食食べていた方が、整食法にシフトするってことは、
かなりハードルが高いことなんですけれど、
自分のからだが悲鳴をあげているかもしれません。
病気の原因は食べ過ぎによる血液の汚れです。
定期的な断食は、とても良い効果が現れると確信しています。
私も、恐れに支配されないように、
週末断食、おかゆで過ごすことを続けてみようと思います。
 
20160619_165917

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック