2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

整食法

2017年3月20日 (月)

疲れている時に欲するもの

 
にっこり自力整体の大野 敬子です。
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
 
ちょっとばかり、ブログが書けていないことが
気になっていました。
 
毎日の課題が多すぎて、思考がついていっていません。(笑)
からだは、しっかりしてるんですが・・・
自力整体のお蔭さまです。
 
疲れている時って
皆さまはどんな症状になられますか?
 
例えば、からだをいつもよりも酷使して
疲れている・・・。
 
からだではなくて、
精神的に落ち着かなくて疲れている・・・。
 
精神的に落ち着かないというのには、
 
・やらなくてはいけないことが溜まっている状態
 
・人と話していても、気持ちがのらない状態
 
・頑張ってやってみたことが報われない状態
 
・何を目標にしていったらいいのか、定まらない状態
 
・家族といっしょにいても癒されない状態
 
などなど・・挙げていったらキリがないかも。
 
 
それで、そんな時には、どうされていますか?
 
・まず、心を落ち着けることをする
 
これも、いろいろありますが、私は
 
身辺を整理すること。
 
気持ちの安らぐ環境をつくることです。
 
癒しの音楽を流したり、
 
瞑想もいいですね。
 
とびきり美味しいものを、自分の為につくる・・・。
 
いや、食べにいっちゃう?
 
食べるという行為で満たそうとすると、
これには、ちょっと落とし穴がありますので
ご注意を!
 
それは、癒しの甘いスイーツです。
 
大抵のものに入っている白砂糖は、麻薬のようなもの。
 
常習性があります。
 
例えば、お料理にしても、美味しく感じられないものに
糖分が足りないということがあります。
 
ん?何か足りない・・・。
 
でも、これが、一度、糖質を断ってみると分かるのですが、
どんどん過剰になりやすいんです。
 
「これだけ食べて、終わりにしよう」って
自分に言い聞かせて食べた美味しく感じる
甘ーいもの・・。
 
罠があって、必ずまた食べたくなってしまう。
 
あー、私はこの罠に何度、引っかかってるのでしょう。
 
そして、糖質OFFにして生活すると、
「すごーく甘過ぎる!!」ことに気づけます。
 
それから、摂るならば、
黒糖、メープルシロップ、はちみつ、
自然から生まれた甘味をおススメしたい。
 
和食のお料理には、私は甜菜糖を使っています。
 
ココナッツシュガーはデザートを作る時。
 
ともかくも、白砂糖は
たいがいのものには使われています。
 
大量につくれて安価なものには、罠がある・・・と
私は感じています。
 
経済大国日本は、売れるためなら何でもする・・・。
 
いやはや、恐いです。
 
麻薬と書きましたが、甘いもの中毒になると
膵臓に負担がきます。
血糖値がどーんと上がると、
インシュリンを出さなくてはならない。
 
膵臓は沈黙の臓器とも言われていて、
不調を感覚でとらえることが出来ません。
 
そうなんです。
甘いものって美味しいけれど、
工夫して、適量を取りましょう。
 
そして、その分、動かなくてはなりませんよ。
お腹に、太ももに脂肪となってつきます。
内臓についちゃうと厄介ですよ。
 
食べることに話がいってしまったけれど、
疲れている時に、甘いものに手が出る・・・
要注意です。
私は今、この誘惑に闘いながらの毎日。
そして、息子からは、
「母さん、ちょっと太った!」と言われました。
 
まあ、いいか。(´艸`*)
致し方あるまい。
 
いつも、平常心を保ち、
疲れを感じない、動じない心を
手にいれたいものですね。
 
一生の学びになると思っています。
 
 20170310_133643
ちょっとブレイクで立ち寄ったベーグル屋さんで。
 

2017年3月15日 (水)

レモンを楽しむ

 
にっこり自力整体の大野 敬子です
いつもお読みいただきありがとうございます。
 
風がまだ冷たいですねー。
春は、そこらへんまで来ているはず。
どうぞ、今しばらくお待ちください。
 
さて、私は料理は好きなのですが、
最近は食べる方が好き!(笑)
 
でも我が家には作ってくれる家族がいないので
やっぱり、私がやらにゃあなりません。
 
酸っぱいものが特に好きではないのですが、
昔からレモンは好きでしたね。
 
ビタミンCはガンの免疫療法にも
取り入れられる位、
とーっても大切な栄養素。
 
私も毎日摂るように心がけていますが、
なかなか大変ですよね。
 
サプリメントは私は飲みません。
お薬のような感覚だからかな。
 
飲料水にも
「デカビタC」とか「CCレモン」とか
「1000ビタミンレモン」などありますね。
これは、私はおススメしませんね。
 
それで、今回は無農薬レモンを箱で取り寄せて、
レモン三昧をしたお話。
 
今の時期は国産のレモンが
かなりお手頃でございます。
 
酸っぱいのが苦手の方にも
使えるレシピは、たくさんありますよー。
 
レモンは、中身よりも実は
皮の中に栄養素が含まれています。
 
高校時代の部活動では、
夏の熱い時、試合の時、
よくレモンの砂糖漬けを作って持参しました。
 
砂糖を入れると水分が出てきます。
それもしっかり飲んでました。
疲労回復効果も大きいのですね。
 
で、今回はレモンピール・・・皮ですね、
これを砂糖漬けにしてみました。
砂糖は甜菜糖を使用。
砂糖の量は1/3に抑えて。
 
20170312_223542
鍋に細かく切った皮をいれたら、
砂糖を入れて一晩おきます。
 
そして、次の日に鍋を火にかけて、
照りがでるまでよく炒っていきます。
 
砂糖の量が少なかったので、あまり水分が
出ていなかったから、
早めに引き上げてしまった・・・。
 
これを、バットにクッキングペーパーを敷いて
並べて乾燥させます。
 
ここにさらに、砂糖を混ぜるらしいのですが・・・
私はパスしました。
 
上手くできるかな?
旨く・・できるかな・・ですね。
 
それから、おススメは、レモンカード
 
こちらは、実をジューサーにかけて
作ったのですが、
酸っぱいカスタードクリームみたいな感じです。
 
パルシステムのレモンカードの瓶詰を購入したら、
思いの外、美味しかったので、
その味を再現したくって!
 
美容にも良いレモン!
肌が綺麗になります。
 
これから、暖かくなってきたら、
フレーバーウォーターを!
 
20170313_084755
コリコリって感じで噛み応えのある出来になりました。
 
不味くはないけど、美味しい!!ってほどでもない。
ビタミンCを摂る目的で食べる・・・にします。
 
まだまだ、改善の余地ありですね。
砂糖を増やした方がやっぱり美味しくなるんだろうか・・・。
 
 
 
 

2016年12月 7日 (水)

断食&旧自力整体で腰痛改善

 
にっこり自力整体の大野 敬子です。
いつも読んでいただきありがとうございます。
 
さて、本日は私の腰痛との闘いについて
お伝えしていきます。
 
1週間前に友人と鎌倉へ紅葉を見に
行ってきました。
お寺を3つ、4つ周りながら、紅葉を楽しんで、
遅めの昼食をとって、小町通りをぶらぶらして
一日の歩数が久々の好記録!19195歩でした(^O^)
 
頑張って歩いたわけですけれど、
歩いている時にも実は、股関節に痛みがあって、
まあ、いいか・・・と気にせずにいましたらば、
 
な、な、なんと、翌日には、腰が痛い(T_T)
木曜日のOHANA STUDIOで自力整体をしたけど、
そのまた翌日には、
あ、あ、これは、ぎっくり腰になる感じだ!
と察知しました。
 
最近の食べ過ぎぶりで、体重もアップ、
とうとう体が悲鳴をあげた!
ナンバ歩きをしてなかったから?いやいや、
食べ過ぎ、そして排泄も、気になる日が、ありました。
それで、今回の断食決行を思いつきました。
 
土曜日から断食スタート、
1日めは、水分のみで過ごしました。
にんじん・リンゴ・セロリのジュースは夜に
いただいて、特に空腹もなくて・・・拍子抜け!
 
2日めは、日中は同じく水分だけで過ごし、
夜は、フルーツと野菜スープのみにしました。
そして、この日には2回も排泄があり、
しかも両方とも滞留便に近い!
 
すると、腰の痛みがスーッと無くなりました(≧◇≦)
す、すごい!初体験!
大腸と腰痛の関係、当たりですね!
 
腰痛は滞留便を出すと治るという断食合宿での教え、
また、不調な時には
「消化の良いものをとり、ひたすらに寝る」という
自然治癒力を使って癒す。
 
日々の整食法に慣れていくと
きっちりできていないところで
落とし穴がある!
私の「このくらい、いいか!」という心に
戒めを与えることができ、気持ちも切り替えられました。
 
さて、断食後の回復食はとても大切です。
 
3日目から私は玄米小豆粥で
昼過ぎと夜にいただきました。
(夜は、野菜スープもつけました)
今回は、食べたい衝動にかられることなく、
なんともスムーズな断食となりました。
 
特に糖質を摂らないということに慣れていくことで、
食べたいという欲求からも徐々に解放されています。
 
糖分は常習性がやっぱりあるんですね。
 
ちなみに、昨日はまた、腰痛がぶり返し、
からだが変な方向に曲がっていて、
腰に嫌な感じがまとわりついていました。
 
まだ、完全には治り切ってなかったのか!(*_*;
姿勢チェックでも右ふくらはぎがつかない。
 
ちょうど、矢上師匠の著書本が
図書館に届いたというメール!
『骨盤のゆがみを治しキレイになる!
健康になる!自力整体』のプログラムを
試させていただきました。
いわゆる新自力整体の旧作、
旧自力整体に当たるプログラムです。
 
火曜日、天真館、それから
エポック中原スポーツクラブでも、
せっかくなのでお披露目を!
肩こり、頭痛、顔のリンパ刺激、
足のむくみ取り、腰痛、膝痛に効くものです。
皆さま、いかがだったかしら?
 
1日2回の自力整体、そして、たくさん寝る!
そおしましたら、
すっかり、スッキリ、また良い状態に!(^o^)/ 
腰に軽さが戻っています!
気が巡って骨盤も調整されて、
自然治癒力も発揮された!
旧自力整体も、良いですねー。
 
先日も、どこかで、お話させていただきましたが、
良くなったり、悪くなったりしながら、
それでも斜め上に向かって伸びていく
(折れ線グラフを思い描いてね)
それで、理想のからだになっていくのだと
思っています。
 
良い状態を維持するって、日々の観察と
自力整体の習慣です!(*^-^*)
 
自分の身体で、実感でき、
そして、ぎっくり腰にまで至らずに回復して
良かった!
食べ過ぎに注意していきましょうね!
 
20161130_124900
鎌倉の源氏山公園の銀杏の絨毯。
 
 
ちなみに、体重は-2kgちょい、脂肪率は20%をきってます。
この状態を維持していきたいなー。
 
溜めるって、からだの不調の原因です!
 
 

2016年11月17日 (木)

糖質制限は大変!

 
デキストリンって知っていますか?
そうです、食品添加物です。
 
一時、私も本を読んだりして、
からだに良くない添加物を調べたりしましたけれど、
実に膨大な種類の添加物にびっくりしまして、
結果「カタカナのものや○○酸って入ってるのは、
止めておこう」という結論に達しました。
 
デキストリンというのは、
スープの原材料の表示にありました。
トウモロコシが原料の炭水化物、または糖質です。
危険な添加物かどうか?は
すっごく避けた方がいいというわけでは無さそうですが、
ただ、このトウモロコシの原産地がどこ?って考えてしまうと
どうなのかなーって思います。
 
20161115_101127
 
昨日、武蔵中原のビーンズ内で
新しくオープンした「大野屋商店」で購入しました。
「フルーツ玉ねぎスープ」
結構、濃い味付けでした。
私は飲まないかな・・・。
濃い味大好きの職人さん向けです。
 
大野屋商店さん、武蔵小杉のスクエアにもあります。
よく、利用させていただいていますので、
武蔵中原にもオープンしたとなると嬉しいかも!
 
20161115_101140_2
 
デキストリンのお話に戻りますが、
炭酸飲料にも使用されていたりする。
2種類あるそうで、
難消化性デキストリンは「食物繊維」で
デキストリンという表示は「糖質」のようです。
この食物繊維は便秘の方に良いみたいな
表記もされていました。
でも、やはり加工したものということを考えると
依存するのは、いかがなものか。
 
糖質って、加工食品には、大抵入っているんですね。
糖質制限するって、外食の方には大変らしいです。
 
私も、少し寒くなってきて、何だか
甘いものを食べると
やたらに美味しい!って感じて、
この感覚は、不味いのでは??と危険を察知しています。
 
糖質には常習性に誘う魔の手がありますから・・・。
 
たまには、自分へのご褒美!って
食べたりもしていましたが、
あれ、気づいたら頻度が高くなっている!^_^;
そして、体重も少しずつ増加している!(/ω\)
 
冬に近づいて寒くなって来て、
からだが蓄えようとし始めています。
これまで、あまり動かずとも自力整体だけで
良いからだの状態をキープできていたのに、
冬が、ちょっと怖くなってきた・・・。
 
糖質制限に向いているか、向いていないか?
簡単なテストを出されているサイトを
見つけました。
 
「炭水化物中毒者を見極める!~糖質制限適正診断テスト」
 
炭水化物中毒者!!
炭水化物って糖質が多いからですね。
今の整食法は、がっつり玄米食べていますし、
昼間の12時~18時の間には、甘いものも食べてます。
炭水化物は大好き❤
 
夕食はしっかり食べて、昼間はできるだけ、軽食にしています。
自分に合った、摂取法、ストレスを溜めない食生活が
一番ですね。
きちんと、排泄を促せるように・・時間にも気を配りたいところ。
 
冬は少しアップテンポにしたウォーキングもおススメします。
からだがほかほかしてきます。
しっかり動いてそのご褒美に甘いもの!
出来れば、原材料にはこだわりたいところ。
 
Img_0086
 
玄米の麹でつくる甘酒は、米麹よりも
スッキリとした味わいです。
米麹ほど、甘くないのです。
是非、お試しになって!
発酵ものは、腸内の環境を良くしてくれます。
乾燥麹ですが、1時間ほど水に浸して
米麹同様に使います。
 
甘さが控えめだと、ちょっとだけ罪悪感が軽くなる。
罪悪感を持ってはいけないなあと思いますが、
なかなか・・そうもいきません。
 
気を引き締めて、甘味を味わいます。
糖質には常習性に、お気をつけになって!
改めて危険を察知した11月の前半でした。 
 
上記の糖質制限テスト
なんと私も試しにやってみましたら、
【中度の炭水化物中毒】でございました!(*_*;
 

2016年10月 5日 (水)

食養生に自然療法

 
若杉 友子さんの本を読みました。
若杉ばあちゃん!と呼ばれているそう。
 
『長生きしたけりゃ肉は食べるな』と
『野草の力をいただいて』という2冊。
図書館で借りてきました!
 
20161004_222234_2
 
長生きしたけりゃ~の方には、
・戦後の日本に入ってきた欧米化の生活が
日本人の体調不良を生んだこと
 
・お米のススメ
 
・ガンを治した自然療法と食事
 
・世の中の常識や情報のカラクリ
 
・食養生の実践のススメ
 
・体によい食べ物と悪い食べ物
 
・一汁一菜が病気知らずのからだをつくる
 
などなどが書かれています。
 
がんサバイバーにとってみれば、
正に実践していきたいことばかり。
健常者の方にとっても、疾病予防知識として
知って、実践されてみてはいかがでしょう。
知っておいて損はありません。
 
若杉さんの著書を一冊一冊読み進めて、
少しずつ陰陽に踏み込んでいけますね。
未だに分からぬことだらけではありますが。
 
こちらは、2013年に発刊された本。
乳がんが間もなく分かった時期に重なってます。
 
私たち世代(1965年生まれです~)が
何も考えずにしてきた食生活のツケが
ほころんで見え始めてきたんだなー。
 
野草の力~の方には、
太陽の恵みと大地の力を存分に受けた
力強い野草と、その食べ方、使い方が
たくさん紹介されています。
その生命力をからだに取り込むススメです。
 
それから、若杉さんの京都の綾部という
山奥での生活が、たくさんのお写真から想像できます。
 
こちらの本はエッセイ風に書かれていて、
また、読みやすい!
若杉ばあちゃんの笑顔が本当に素敵です。
 
たぬきの子どものお弔いの章では、
考えさせられました。
自然を破壊していく人間のせいで野生の動物の
食べ物が無くなって飢えて死んでいく。
怒りをぶつけてくる文章にも、説得力ありです。
丁寧に弔うんです。
自作のヨモギ回転焼きを冥途のお土産にと持たせて。
泣けてくる・・・(;_;)
 
山奥の生活、
想像していたよりも遥かに過酷です。
生半可な気持ちだったり、
都会でぬくぬくと育ってきた者には
無理なんだろうなーって思ったり。
 
でも、憧れています!(*^-^*)
 
煩わしいことから離れて、自然と向き合うこと、
いつか自分が望んで、生活しているところを
想像しています。
 
自然療法、食養生、
人間の本来の生き方を学ぶには
もってこいの本ですよー。
 
ご紹介くださった尊敬する先輩ナビに
改めて感謝致します。
 

2016年6月26日 (日)

断食レポート その2

 
前回のブログの続きでございます。

3日め、午前中、人参りんごジュース、生姜紅茶2杯(黒糖入り)

昼過ぎ 甘酒 豆乳割り
夕方 回復食 九条葱のお蕎麦、アスパラの炭火焼き、
そして、U子さんの合唱のステージを鑑賞
家に帰って、甘酒を飲みました。
 
20160619_172851
 
翌朝の体脂肪率が、甘酒のせいだと思うけど、
2.6%も上がってしまった(/ω\)
覿面に数値になって現れる・・・恐るべし、です。
体重は0.8kg減でしたが。
 
ということで、トータル的には、体重は2kg減、BMI 0.7減、
体脂肪は最後に上がっていたけど、
最低値を見れば、2.3%落ちて、筋肉量は上っていた。
内臓脂肪レベルも0.5ダウンでした。
 
お教室のYさんも体重は2kg減ったとのこと。
お腹のペタンコになる感じがたまらなく、良かったですね。
これだけで、テンションが上がりました。
フラフラしたり、ちょっと集中力に欠けたりしたのが、意外でした。
「食べない」ことで、頭が食べ物のことを考えなくていい・・ってことが、
すごく楽だった気がしました。
家族の食事は作っているけど(職人はガンガン食べます)
自分が食べたいって思うものへの欲求が、
かえってストレスを生んでいるとでもいいましょうか、
食べないと決めると、買い物に行く、選ぶ、迷う・・
といった思考がゼロになって、気持ち的に楽でした。
常日頃、食べたいものを食べながら、
罪悪感を感じているからかもしれません。
 
がん再発を避けるために、食事には気を遣っている。
でも、これくらい大丈夫かな?とか
たまにはいいだろう・・という気持ちの裏側に
「本当にいいの?」みたいな声が
聞こえなくもないのです。
これは、『恐れ』です。
この恐れについては、手放すことが大切って
今、読んでいる本に書かれていました。
(「がんが自然に治る生き方」ケリー・ターナー著)
知らず知らずのうちに抱いている
無意識な感情・・私も気づくことができました。
 
それから、酵素玄米もいつも美味しく食べているけど、
玄米小豆粥が、これまた美味しかった!
毎日食べてもいいくらいだし、今回は食べ過ぎていました。
もう少し減らして食べ続ければ、これまた効果が出ると感じました。
 
人間って本当にいろいろな欲にかられて、
生きているんだなって、改めて感じられた断食でした。
YさんやMさんが、いち早く、断食を体験されたこと、
何よりもその行動力に感動しています。
断食合宿に行かなくても、
日常生活の中で、行えること・・・これぞ、整食法です。
一日3食食べていた方が、整食法にシフトするってことは、
かなりハードルが高いことなんですけれど、
自分のからだが悲鳴をあげているかもしれません。
病気の原因は食べ過ぎによる血液の汚れです。
定期的な断食は、とても良い効果が現れると確信しています。
私も、恐れに支配されないように、
週末断食、おかゆで過ごすことを続けてみようと思います。
 
20160619_165917

2016年6月24日 (金)

おかゆ断食 その1

 
6月と7月のお教室での目標、
ブログにも書かせていただきました。
コチラ です。
 
宣言どおり、私もおかゆ断食に挑戦しました。
といっても、オリジナルの緩い感じの断食?です。
断食のお問合せや応援メッセージを
受け取ったり、発信できるように
メーリングリストをつくり、にっこり会員さまと
やり取りさせていただいています。
3名の方が、私よりも先に
挑戦してくださいました。
からだが軽い・・、たくさんの気づきがあった、
これなら、定期的にやれそうだと、
喜ばしい報告をいただいています。
 
そこに、挙げた私のレポートをコピペします。
 
17日㈮朝の体温は少し高めで右6.2 左6.4 
朝6時前に計測すると大抵35℃代なのに・・。
朝一の排泄あり、排泄物 浮く。
午前中、にんじん&リンゴジュース(ジューサー)人参1本、リンゴ1/3個 
生姜紅茶(黒糖入り)3杯
14時 玄米1合 小豆大匙1、玄麦大匙1、モチ麦大匙1、
万能酵母液と水を半分で4.5カップ、塩小匙1弱・・圧力鍋で25分
これが、うまーい!茶碗1杯味見を兼ねて
19時 残りの玄米小豆粥、すべてを平らげる。お腹が苦しい。
昼間、中原図書館に自転車で行ってきましたが、
歩行が何故か、フワフワした感じです。
暑いせいか、少しクラクラする感じ。
美味しいものが売っている売り場を普段はチェックするが、
この日はスルー。食べないと決めることで、脳は欲しなくなる。
お粥を食べながら、汗が吹き出してくる。
普段は生野菜やサラダがからだを冷やしているのかな。
やたら、眠くて、お風呂も短時間で済ませて11時就寝。
風呂上がりの体重計測 -0.2kg 体脂肪 -1.20%ダウン 
体内水分率 0.3%アップ
 
18日㈯朝の体温は、右5.9 左5.7 
(6時)排泄あり 排泄物は普通のもの 沈む。
昨晩から家の仕事の雑務が多く、少し疲れ気味。
二度寝しようって目覚ましをかけて寝る。
起床後 体温右6.5 左6.4
10時からの理事会をすっかり忘れていて・・・、
しかも午後からのお教室の申し込みメールに気づかず(/ω\)
昨日より、集中力に欠けている気がした。
これも断食の影響なのか?
11時人参&リンゴジュース 昨日と同じ量、生姜紅茶2杯
13時30分~大戸会館にてお教室 
終了後、はちぼく茶1杯。
17時帰宅 炭酸水500ml 夕食までに少しずつ飲む。
玄米小豆粥 茶碗3杯、(残った1杯は明日の昼)
お腹いっぱいです。
お腹がぐーって、鳴らなかったな。
 
今回の発見。「断食」という言葉にからだや脳が反応しているのか、
フラフラ、フワフワ感を感じたり、集中力がなく、ミスが多かった。
おかゆにモチ麦などの雑穀をプラスすると、
プチプチ感が増して違った触感が楽しめる。
小豆が甘い。毎日、お粥でもいいかも。
1日1食を勧めている医者や著名人は多いです。
体重は比較的あっという間に減っていきます。
老廃物をたくさん出して、思いっきりウェイトを落として、
自力整体でまた再び体力をつけて整える!
というからだの作り替えも可能では?
お教室が途中に入るとあっという間に
ラストの日を迎えることができますね。good!
続く・・。
 
20160618_211419