無料ブログはココログ

整心法

2018年10月12日 (金)

大学生活の過去バナ その②

にっこり自力整体のおおの けいこです。

いつもお読みいただき、ありがとうござます!
 
前回の記事の続きです。
 
前回の記事はコチラ
 
大学で下宿生活、一人暮らしを楽しんでおりましたが、
所属する部活の中で、思わぬ展開になって、
盲腸になってしまったところからです。
 
どんだけ、嫌だったんかなーて思いますよねー(笑)
 
すっかりピアノのことなど忘れて、
楽しい思いがけない休暇をもらったみたいでした。
 
でも、先々のことを考えると、いつまでも、このままという
訳にもいきません。
 
次第に仲間の顔も思い出されて、
キツイ練習をしている仲間を思うと、
だんだん心苦しくなってくるのでした。

部活に復帰すると、盲腸にまでなってしまったということで、
皆さん、心配してくださり、
「あまり根を詰めないで」とピアニストの先輩も
優しく接してくれるようになりました。
(腫ものに触るようだったかも?)
 
後々、この直属の先輩は、私に恥をかかせたくないという思いで、
厳しく厳しくしていたんだな・・と知ることもでき、
心から感謝しています。
 
仲間も何かにつけて、気にかけてくれたり、
労わってくれて優しかった。
自分だけ、余裕がなくもがいて、被害者になっていたのですね。
みんなも、日々、楽なことなんてないのに。

そこからは、コツコツ地道に歩んでいきました。
 
朝、昼、夕方~夜と、寝ても覚めてもピアノを弾き、
規定曲もどうにか弾けるようになって、
3年生からは、大きな大会でも弾くことになりました。
 
本当に最初の試合の時の緊張は、今でも忘れません。
 
さあ、始まる!とピアノの前に座った時に、
頭が真っ白になってしまったのです。
最初にどこに指を置くのか?さえ、自信がなくなっていました。
 
大きなユニバーシアードの大会でした。
 
この初めての試合の失敗からは、本当にたくさんのことを学びました。
 
結局は、無事に選手も演技を終えていて、
ちゃんと点数も出ていて、良かった、良かった!という
結果ではあったのですが、、、
 
でも、最初の一音は外した・・・と思います。
というよりも、焦りしか、覚えていません。(笑)

ですので、その後の他の失敗は、あまり覚えていません。
大きな失敗を経験したら、
小さな失敗なんて、なんてことないのです。
 
同学年の選手は、素晴らしい選手もおりましたし、
後輩にはオリンピックに出た人もいます。
 
選手の規定演技は、3年と4年と私が弾かせていただきました。
(今、考えると恐れ多いです)
 
人の動きに合わせる、同調して、
一緒に演技をする感覚もありましたし、
本当に良い思い出です。
(今となっては・・・)

この大学生活は、人生において大きな学びだったんだと思います。
 
他の方には出来なかった体験だと胸を張って言えるのですね。
(ずっと、トラウマだったけど)
 
「やって出来ないことはない!」
「努力は実を結ぶ!という体験をさせていただきました。
 
本当に先生になりたくて、大学にいったのか?
中学時代に友達との会話で、「みんなで先生になろうよ!」って
話が持ち上がったことを覚えています。
 
それで、私は「体育の先生だね」って言われたのです。
 
それから、体育が得意と思っていなかったけど、
実際に成績を見れば、安定上位は体育でした。
 
それで、進路を決める時にも、つい口にしてしまった・・・。
 
本当に、思い焦がれていたか?は別問題。
就職したくない、まだ、遊びたい・・(笑)
腹黒い感情がありました。
 

自分に自信を持てるものは、セルフイメージが自分の中の下意識に
置かれるのだと思いました。
 
こんな人になりたい!という憧れもなく、
自分には無理・・という諦めが大きく、
言い訳ばかりしていたと振り返れます。
 
先生というイメージが、私にとっては堅い、
体育会系の縮図のような上下関係の中で、
先生をするのは御免だと思ったりもしました。
 
三人姉妹の私だけが大学に行かせていただきました。
ああ、なんて、身勝手な人間だったのだろう。
 
自分の人生を振り返ってみて、
自分で決めたことなのに、「やらされた」という被害者の意識が抜けずに、
自分は不幸な大学生活を送った・・・とずーっと思っていました。
 
そして、器械体操と関わってきたことも、
「何となく、やりたいことが見つからないから・・・」というような理由で、
関わっていたのだと改めて思います。
 
体操の世界は、最近、塚〇さん夫妻が取り沙汰されておりますが、
まさに、ちょうど、ご夫妻がご活躍されていた時で、
〇日生命の選手は我大学の体操部に籍だけ置いていました。
 
派閥があって、怖い世界だと受けとめていたので、
関わりたくないと、体操から遠ざかろうと決めていました。
 
夢源塾の講義の中で、若い時の人生の歩みを思い出して、
振り返ることができ、
 
今、あの時の自分がいたから、今の私がある
自信と誇りを持てるようになっています。
 
先日の夢源塾は、自らの潜在意識に向き合えて、
大きな気づきを得ることができました。
心が実に晴れやかになれました!
 
皆さんの潜在意識に眠っているものは何ですか?
向き合ってみる時期が訪れることを願っています。
 

2018年10月 9日 (火)

大学生活の過去バナ その①

にっこり自力整体のおおの けいこです。
 
いつもご訪問くださいまして、誠にありがとうございます。
 
今日はちょっと、字体の色がいつもと違いますが、、、
メールをコピペするとこうなります。
 
どうぞ、お慣れくださいませ。(笑)
 
さて、9/30に夢源塾、整心法の講座を受けて参りました。
 
今回の「セルフイメージを変えれば人生変わる!」という
テーマでのお話、
 
実に楽しく拝聴させていただきました。
 
聞いて、「楽しかった、為になった。」で終わりでは
ないのです。
 
これからの生活で生かすことが大切なわけです。
 
言うなれば、心の成長!とでも申し上げましょうか。
講義を受けた後に、ステップアップシートというものを
提出します。
 
学べたこと、気づきがあったこと、感想など、
自由に書いて提出しますが、
 
大切なことは、この2か月間の実践(次の夢源塾まで)
の提示だと思っています。
 
ともあれ、その話はまた後日、
今日は、私が提出したステップアップシートを
編集して、ブログにしたいと思います。
 
***********************
 
今回のセルフイメージについての講義の中で、
私は今の自分が既に、昔の自分と比較すると
かなり変われている」と高く評価出来ました。
夢源塾のお蔭様です。本当にありがとうございます。
 
中村先生の体験談、大学受験のお話を聞いて
スイッチが入ると人は、何でもできる!」という体験は、
私にも思い当たることがあって、そこから大きな気づきを得ました。
少し長くなりますが、ご一読、よろしくお願い致します。
 
【ちなみに、中村先生の体験談は、好きな女の子が行く大学に
標準を合わせて、見事、ランクを上げて合格できたというお話
簡略化していますが、素敵なお話でした】
 
大学時代の部活動(4年間)は、バリバリの体育会系、器械体操部でした。
 
休みは、盆暮れに数日しかなく、毎日朝練、
昼は器具の整備(1年生の役割)夕方から9時ころまで練習練習の毎日でした。
 
大学2年生になる前に、幹部を選出するということが部の決まりになっています。
具体的に言いますと、マネージャーとピアニストです。
 
その役割についた人は、4年まで行い、選手生活から即外れるということでした。
私は、器械体操が好きで部活動に入ったというよりは、
教師になる上で部活動に入っていた方が有利である」という話を
聞いたから入ったようなものでした。
 
(のちに、部活動に入っていようがいまいが、
あまり関係はなかったということを学びました)
 
ですので、私は、選手としては二流でしたし、
もうすでに優秀な選手はたくさんおり、
私は素材が違うとか、もう叶わないと心から決めていました。
 
(優秀な方は高校から引き抜かれて、
推薦をいう形で入部しているのですね)
練習は、ハッキリ言って辛いし、体操部に入部したことも,
これでよかったのか?と考えました。
 
辛い時って、何かを理由に逃げ出したくなるのですね。
 
しかしながら、部活を理由に憧れの一人暮らしも叶い、
仲間とは楽しい大学生活を送れていて、
みんなでご飯を食べに行ったり、
夜中にディスコで踊りまくったり、
朝帰りしたまま、朝練に直行なんて日もあって(笑)
一人暮らしを堪能していました。
 
学業に真面目に取り組むというよりも、自由を満喫していたのです。
 
選手として真面目に練習に取り組むか、
この幹部の役割を担うか、二択を迫られた感があり、
 
私はきっと、マネージャーかピアニストか
どちらかをやることになりそうだ・・・という気持ちでいました。
 
どちらも簡単な役割ではないし、むしろ、誰もが避けたいと思う役割です。
(少なくとも、私はそう感じていました)
 
しかも「幹部」は部長先生のお付きや、
先生、コーチと選手の間に立ったり、
先生やコーチの代わりに選手を動かすということも次第に任されたりして、
先生や選手双方の信頼も必要とされます。
 
結局は、同学年の仲間と話し合って、
同じ神奈川出身の高校からの友がマネージャーに、
私がピアニストになりました。 
 
険悪な雰囲気の中で、どうも、
その雰囲気を回避したいということもあって、
私は皆さんから感謝されて
ちょっと、嬉しい気持ちもあったと思います。
 
親友がマネージャーになるということで、
私も決意できたのかもしれません。
 
体操競技生活を終えて、体重は1ヶ月でなんと10㌔も増えました。
 
(この後、成人式を迎えたりもしまして、
その時の写真は、お見せすることができません)
 
ほどなくして、ピアノの特訓が始まりました。
2学年上の先輩は、ピアノ歴は長く、
初見で何でも弾けてしまうという畏れ多い先輩でした。
 
私は、小学校の5年生の時に
友達に誘われて2年くらい習った覚えがありましたが、
指はもうすでにちっとも動かなくなっていますし、
果たしてどうしたものか・・・
というところからのスタートだったのです。
 
その先輩ピアニストの特訓は、思った以上にキツく厳しく、
私は心が、萎縮してしまって、なかなか上達しない。
後悔すでに遅しです。
 
ピアニストの役割とは、床運動の曲を、選手の演技している横で弾き、
「伴奏する」ということです。
 
床運動には、その当時、規定と自由があって、
規定というのは、すべての選手が統一された演技を行いました。
他の役割として、選手の自由の曲も作ったりします。
 
今では、規定の演技があるかどうか?ということさえ
わかりませんけれども、
当時は、生演奏ですと、選手が失敗してしまったりしたら、
曲調をゆっくりするなどして、うまく誤魔化したりもできました。
 
選手の動きを見ながら弾く。
しかも、優雅に美しく、演技が映えるようにという演奏も可能、
床運動は花形の種目でもありますので、
こちらが間違うなんてことは、もっての外でありました。
 
ちなみに、このピアノの生演奏という伝統を続けているのは、
2つの体育の専門の大学しかありませんでした。
 
私は、請け負ったものの、次第に自信を失っていきました。
 
「ちょっとピアノをかじったくらいで、できるわけがない!
 
そうこうしているうちに、逃げだしたい気持ちになって、
とうとう体調を壊し、盲腸にまでなってしまいました。
 
家を出て、下宿先で生活していましたので寂しさもあったり、
からだも心も一気にボロボロになったのですね。
 
1週間くらいでしょうか入院、手術して、家で療養しました。
 
この続きは、また次回に。

2018年9月14日 (金)

親ココロ、主婦ココロ、妻ココロ

にっこり自力整体のおおの けいこです。

 
いつもお読みくださり、ありがとうございます。
 
先日痛めた腰ですが、
 
右の腰部が辛かったのが、昨日は
左に移動しました。
 
移動っていう表現は、意味不明かもしれませんが、
 
からだが無意識にバランスをとっていると
 
必然的に、反対側に負荷がかかってくる!
ということではないでしょうか。
 
腰痛の原因は、生活習慣だと思っています。
 
自律神経が乱れた生活をしているからです。
 
現在、我が家は、夜勤の職人を抱えており
 
それが、一人くらいならよいのですが、
二人いる。
 
2:1・・・・・どうしたって、自律神経モードは、
2人のモードに引きずられるのです。
 
どうしたものか、と考えておりましたが、
 
ここは、自分のあり方を貫き、
申し訳ないが、自分を大切にさせていただく。
 
という結論に達しました。
 
とはいえ、先日までの暑い中を、
うだるような暑さの中を
 
世の中の大半の人が寝ているであろうさ中に、
汗だくで働いていることを思うと
 
出来ることくらいしてあげなくては、、、という
親ごころ、主婦ごころ、妻ごごろが出てくるのです。
 
昼間に寝るのも大変だろうなあ・・と
私は、家にはおらずに外に出るようにしていました。
 
しかしながら、掃除や洗濯、家事をするのは、
夜中にはできない。
 
すると、家族の寝ている間にすることになる。
 
誰かが気持ちよさそうに寝ているのを見ると
起こしてはかわいそうだと
 
またここでも、妻ココロ。
(息子は、寝たら最後、何があっても起きないので)
 
挙句の果てには、私も、あー、眠たいな・・・
なんて思ってしまいかねません。
 
そのような波動が、我が家の昼間には
蔓延しているのです。
 
私が大好きな方が、
 
ノリのいい音楽をかけながら、
狂ったように磨く!
 
という掃除法をお聞きした時に、
ああ、楽しそうだ!と感じたわけです。
 
床やら、浴室やら、これでもか、これでもか、と磨く。
 
夏は汗だくになって、
でも、汗をかいてスッキリするって。
 
本当に理にかなった掃除法です。
 
ちなみに、四つん這いは力が入れやすいですね。
 
肩の筋肉強化になるし、
丹田の意識もできる。
 
腰痛になるのは、2足歩行の人間だけです。
 
動物や獣は、腰痛になんてなりません。
 
私は、夏の間にガス台の掃除を怠りました。
 
ささっと拭くくらいで、油汚れが落ちていたら、
お掃除しなくても、いつもピカピカなのでしょうが、
 
こびりついたのを、一掃するのも気持ちが良い。
 
結構、溜めてしまう質である・・・と、
自負しています。
 
今日、やっと、取り掛かれました。
 
油汚れをふやかすのに、少々時間がかかりますが、
放置していたのですから、仕方ございません。
 
そうなのです。
 
からだも、心も同じこと。
 
見て見ぬふりをして、放置しておくのは、
たいそうよろしくない!!ということです。
 
それを見るたびに、
 
心が締め付けられ、後ろめたく、
 
澱が溜まっていくのでしょうね。
 
それも、腰痛の原因かな。
 
涼しくなったらやろう・・・、
時間が出来たらやろう・・・
 
そう思っていたことに対しての
ツケがやってきましたね。
 
からだって、正直だなあとつくづく感じます。
 
だから、家族には申し訳ないのですが、
 
親ココロも、主婦ココロも、妻ココロも
捨てる覚悟で、
 
私は自分のからだを自分で守るしかなく、
 
ココロに澱が溜まらないように、
過ごしていくことが課せられている・・・
 
試されている!とさえ思います。
 
まだまだ、気になることがたくさん
あるのですが、
 
ひとうひとつ、向き合っていきたいと思います。
 
秋の課題にしたいと思います。
 
 
 

2018年7月15日 (日)

ワールドカップの観戦から紐解く

にっこり自力整体のおおの けいこです。

 
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
 
昨晩はワールドカップの佳境に入り、
3位決定戦で盛り上がっていたようです・・・。
 
西日本の被害に遭われている方のことを思うと
胸が苦しくなります。
 
一刻も早く、平穏な日常が訪れますように
心からお見舞い申し上げます。
 
ワールドカップも、ただ、応援するだけでなく
応援している人にフォーカスすると
大変感動します。
 
叫んでいるのか、わめいているのか、
吠えているのか、
 
ゴールを決めた瞬間の
両チームの表情や行動には、
大きな落差があって、人間の面白さを体感できます。
 
明日になれば、ニュースでおいしいシーンだけが
映し出されるのですけど、
 
やっぱりライブ感は、ドキドキしていいですよねー。
 
スポーツ観戦は大好きなので、(生がいい・・・)
テレビ前に陣取って、
 
力の限りに応援するのも好きですが、
エネルギーを使い過ぎてしまうことも否めない。
 
日本チームの応援の時も、
相手が攻めて来て、ゴールしようとするたび、
私は叫んでいたようです!(夜中に・・)
 
「お願いだから、あー、止めて~~!!」
 
隣で見ていた旦那さんは・・・
 
「俺が、何かしてるかと思われるから、
それ、大きな声で言わないでくれる?」
 
あ、、、、そうでしたね。
エキサイトしてくると、ついつい、大声になっている!
 
しかも、いてもたってもいられなくって、
あちこち、動き回るのです・・・。
ソワソワ・・・^_^;
 
心が落ち着かない状況って、
こんな感じで、行動も落ち着かないのですね。
 
それで、自分は、結構、
今現在の向き合っている相手に同化してしまう・・・
 
それで、喜びだけを共にすればいいのですが、
 
苦しみや落胆などの、相手の感情も一緒に
受け取ってしまっている性質に気づきました。
 
同調しやすい
 
いつからでしょうね、、、
 
それに気づいてからは、
できるだけ、自分と相手は違うこと、
 
それは、相手の課題であることを
 
冷静に判断して対処しなければ、
 
私のエネルギー値がどんどんと減っていくことに
気づいていけました。
 
でも、怒りの感情に対しては、
嫌悪感を感じることが多く、
 
そこには同調せずに、無視。
 
それ以外の感情は、受け取ってしまい
自分に置き換えて感じてしまったり
していたようです。
 
でもね、最近は、
それ、つまり同感することは、
相手の心には何の変化も与えられないな・・・と
気づいてきました。
 
無駄になることではないけど、
 
一緒に「どうしたらいいか?」まで考えないと
有益ではない気がします。
 
自分を知るって、安心します。
それで、受け入れて、一緒に過ごしていきます。
 
今回のワールドカップ、
無理して起きて、応援するということまではせずに
 
今、自分のすべきこと
=暑いのだから、寝て、コルチゾールを溜めよう・・・
 
ということを最優先することができました。(笑)
 
自分のやるべきことが、無かったら
喜んで身を捧げ、
力尽きるまで応援しますが、
 
いい笑顔で日本に帰国できるように、
ここまでの苦しみや努力を
良い形で発揮できますように・・・と祈っておきました。
 
長谷部選手は引退されたのですね。
 
人生の大半をサッカーに懸けて、
このキャプテンとしての経験を生かして、
 
またさらなるステージでご活躍されることを
期待しています。
 
旦那さんは、「先々、監督候補だな」と
申しておりました。
 
同感と共感の違いについて
 
ちょっとググって見つけたブログより
抜粋しましたが、分かりやすいです。
 
私は、自分の感情を軸にして
相手にお伝えしたい派ですね。
 
皆様はいかがですか?
 
 
 
 

2018年7月 7日 (土)

心の状態を診る

にっこり自力整体のおおの けいこです。

 
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
 
7月に入ってからの1週間が、
あっという間のスピードです。
 
家を一旦、留守にすると、
途端にやることが増えている!!
 
それをひとつひとつ、片付けていって、
やれやれ。
 
けれども、かなりの精神的疲労を伴っている!
ということに気づけました。
 
皆さんは、朝起きてからの行動は
決まっていますか?
 
私は、義父が亡くなってから、
写真の前にお水を置くことをし初め、
毎日替えるようになりました。
 
父と妹の写真も横に置くようにしました。
 
それから、家事に取り掛かる前に
瞑想をしていました。
 
最近は、朝イチ排便がスムーズなので、
心を落ち着けての瞑想が省略されていますが。
 
自分の心を整わせる行動、
 
さあ、これから、今日もがんばるぞ!!と
 
何気ない行動には、
心を落ち着かせるエッセンスがあるのだなあ・・・・と
感じています。
 
急いでこなすように行っても、意味がないし、
 
たまたま、やらなかったり、忘れたりすると、
 
一日中、心の奥の方で、そわそわする感じがある。
何か、忘れ物をしたような・・・。
 
自分の心の状態を整えてから、スタートを切る!
って、大切なことです。
 
頭の中に次々と課題が溢れてきて、
整っていない・・・・
 
行動が雑になっている・・・
 
そんな時には、必ず忘れ物をします。
 
火曜日の天真館のお教室では、
 
CDプレイヤーのコンセントと本体をつなぐコードを
すっかりと忘れまして、
 
この日は久しぶりの無音での自力整体でした。
 
無音で行うのも大好きなのですが、
瞑想の時には、音楽をかけたい派です。
 
音楽というよりも、自律神経を整わせるBGMです。
 
それから、忘れ物をする夢をみました。
 
心はなんて正直なのだろう・・・ 
 
それが、ドキドキを伴う忘れ物・・・
 
例えるなら、受験の時に必要な受験票のようなものを
忘れるという夢でした。(@_@。
 
夢で良かったな・・・って、
目覚めた時に安堵しましたっけ。
 
今年の目標は「自然の流れに身を置く」
 
だから、こんな状態も、すべて自然であると
受け止めています。
 
それで、時間が経過して、
 
自分の状態を俯瞰してみて、
 
ああ、乱れてる、
出来るところから、整えていこうと思って
行動していると、
 
おのずと、よい流れになっていきます。
 
大きな自分の変化を確認できるように
なっている、
 
自分の成長が少し、感じられます。
 
「心の状態を診ること」が出来てきたからかな
って思っています。
 
大変な状況になった時は、
ご自分を俯瞰してみることをトライされてください。
 
きっと、何か気づきがあるはずです。
 
大変だと焦らないで、
自然な流れと受け止めて、
 
今の自分の課題であると
心を落ち着かせて、動く。
 
これで、かなり整ってくるはずです。
 
自分の目の前に起きる課題は、
越えれれないものではないのです。
 
すべて、うまくいくように
出来ています。
 
そのような課題は、
新たな気づきを学ばせるために
起きていること。
 
我が家では、問題が起こると、何でも、
 
仕組まれている宇宙の法則だね!
 
と喜んで受け入れられるようになりました。
 
そうなんです、宇宙に逆らって、
自我を貫き通そうとしても、
 
上手くいかなかったりするものなのです。
 
何気なく行っていることを省かず、
 
今、与えられたことを有難く行っていれば、
 
おのずと、大きな喜びが舞い込んでくる
 
私の大きな気づきでもあります。
 
自力整体のナビゲーターになって、
良かったことが、本当にたくさんあります。
 
心から、感謝しています。
 
 

2018年6月22日 (金)

家族が応援してくれる理由

にっこり自力整体のおおの けいこです。

 
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
 
夏至が来ましたね。
 
夕方が、やけに明るい・・・。
 
ご飯食べながら、
「こんなに明るいのに、一杯やっていてよいのか?」
 
と、ちょっと、幸せな気分にもなります。(笑)
 
これから、バシバシ汗をかいていきましょう!
 
 
さて、今日は、ある生徒さんのお話を。
 
通われて半年になりましたNさん。
 
周りに同年代がいなかったために、
「こんなおばさんは、迷惑では?」と
 
何度もご相談をいただきました。
 
同じように出来ないと、自信を失いかけて、
 
「続けても良いのでしょうか?」と言われる。
 
なんて、謙虚なお方なのかしら・・とかえって
恐縮しました。
 
「ご自分のからだのために始められたことなので、
ご自分のからだに聞くのが一番かと・・・」
 
とお答えしました。
 
年齢も、自力整体歴も、不調箇所も違えば、
人と同じように出来ないのは当然のこと。
 
比較すること自体、意味のないことです。
 
私に同意を求めるのは、ちょっと違う・・・
 
ご自分のからだのために始められたのですから。
 
私はお月謝をいただいているので、
来ていただくことが当然と思っております。
 
自信がない?
 
やっていても、イマイチ、効果に気づけていない?
 
うーん、なんと勿体ないことなのか。
 
私が気づかせることが出来なかったのか、、と
反省しました。
 
一年前、私は初めて講座を開きました。
「ガンのお話会」
 
もう、ドキドキでした。
15人の定員があっという間に埋まって、
 
それ以上に人が関わってくださいました。
 
私のために、亡くなった妹のために・・・、
そう考えて、立ち上げたお話会でしたが、
 
本当に感動的な会になって、
「開いて良かった・・・」と心から感じました。
 
本当は、この6月に第2弾をやるはずでしたが、
 
現在は勉強会という形で、自力整体を深めています。
 
私も迷います。
 
「こんな形だけど、やってもいいのだろうか?」
 
「続けてもいいのだろうか?」
 
人は承認欲求があるのです。
 
誰かに承認されたいという欲求を持っています。
 
当たり前のことだけど、確認したい、安心したい。
 
私は「自分の成長のために継続しよう!」と
決めました。
 
それで、何度もご相談されましたNさんにも、
 
「ご自分がしたいようにされるのが一番です!」と
お話させていただきました。
 
すると、家族、ご主人や娘さんが
応援してくださっているということを嬉しそうに
話してくださったのです。
 
きっと、何も変わってなかったら、
 
「そんなのは、止めてしまえ」と
ご家族にも一括されていたと思います。
 
でも、応援してくださっている!!(^O^)/
 
きっと、Nさんの変化を、ご家族の方々には、
見えているんですね。
 
私は、Nさんの変化をたくさん知っています。
 
歩き方が変わった。
 
背骨が整い、姿勢が良くなった。
 
出来なかった正座が出来るように・・・。
 
熟睡できる日が多くなっている。
 
挙げたら、キリがない。
自力整体って本当に、スゴイと思います。
 
ご自身はもっと、もっと、さらなる上を目指されています。
 
私はそこに到達するまで、
しっかりと寄り添っていかせていただきます。
 
何よりも、笑顔が増えた!!
気づかれているかなあ・・・。
 
きっと、いつも一緒にいらっしゃるご家族の方も
変化に気づかれているのだなあ・・・と、
 
心から有難く感じました。
 
ご家族にとっても、きっとNさんが元気で
いてくださることがとても大切なのだということですよね。
 
さらなる高みを目指していきましょうね!
 
 
そういえば、ガンのお話会では、
旦那さんが、サポートしてくださいました。
 
自力整体で、私が変わったから・・・?
元気になれているから・・・?
 
本当に助かりました。
 
きっと応援してくれていたのだと思います。
心から、感謝でございます。
 
 
 

2018年6月18日 (月)

邪気払いしながら、引き寄せ、習得

にっこり自力整体のおおの けいこです。
 
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
 
今朝の大阪周辺での地震・・・。
今、ニュースを見たら、すごいことになっていた・・・。
 
最近、地震のニュースが多い。
 
皆様のご家族、お知り合いの方、
巻き込まれていませんでしょうか?
 
ご無事を祈っていきます。
 
さて、皆様は、自分が今、『頑張って習得したいこと』は
ございますか?
 
なりたい自分でもいいですね。
 
やっぱり、先々の自分を良い形で
イメージして、脳にインプットしていくことは、
 
多大な影響をもたらしていきます。
 
そして、頭の中に入れておくと、
それに関連する学びの機会や、
 
それに関連する人との繋がりが、
 
ご自分の前に現れるようになるのです。
 
それを「引き寄せ」と言います。
 
今、もし、引き寄せられていないとしたら・・・、 
 
何が足りないのかな?と
振り返ってみるのも、良いかもしれませんね。
 
それから、自分の身に回りは片付けられていて、
整理整頓されていますか?
 
使っていないもの、手放した方がよいものも、
一緒にまじってや、しませんか?
 
キレイに掃除はされていますか?
 
埃はかぶってや、しませんか?
 
ピカピカに磨くことで、
さらに運気が上って、引き寄せもスムーズに。
 
淀んだ空気に包まれていると、
邪気を吸い寄せます。
 
邪気とは、病気にも関わるものですし、
性格として、ねじまがっていることなども表します。
 
邪気を出来るだけ、寄せ付けないからだと心を
持っていたいものです。
 
自力整体をしていると、
自分のことだけに集中できますので、
 
邪気とは無縁になれます。
 
自分の中にある邪気にも、とっとと、出て行って
もらうことも大切です。
 
邪気は引き寄せの邪魔をしますので、
 
出来れば、どんどんとご自分今を象徴するように、
 
スッキリと!
 
ご自分の信念を確立するのがよろしいかと
感じます。
 
あれこれ、迷っていても、時間の無駄。
 
悩みや選択は、とりあえず1案を直感に従ってやる。
 
結果、良くなれば、直感は当たっていた!
良くならなければ、外れていたと考えて、
 
また、別の選択肢を試せばいいことです。
 
失敗したことは「失敗」ではありません。
「経験値を上げた」と考えたらよろし。
 
そして、自力整体のお教室では、
 
「お腹の肚黒いものを出すように、
息を吐く」のです。
 
からだも心もスッキリさせます。
 
本当に気持ち良いです。
 
邪気のないからだと心は本当に軽い。
 
私も、油断すると、直ぐに、邪気がムクムクします。
 
それを素直に受け止められるようになると、
手放すことも可能だと信じています。
 
まあ、死ぬまでが、修行なので、
自分の中の邪気を払うことが、
 
日々の修行になってくるのかもしれません。
 
気づくことから、スタートです。
 
頑張って習得したいこと、
だんだんですけど、出来るようになってきたかも。
 
日々、成長を目指します。
 
7月22日の夢源塾、
只今、お申込み受付中です。
 
ご一緒に学んでいきましょう。
 
ご興味ございます方は、下記より
7/22 夢源塾のご案内をお読みくださいね。
 

 
 

2018年5月 9日 (水)

味わう日々を

にっこり自力整体のおおの けいこです。

 
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
 
GW明けの天真館のお教室、
「GWはいかがでしたか?」という問いに
 
「疲れました!」という声。
 
どうやら、家族に振り回されていたようなAさんです。
 
こんな時には、整心法を実践しなければ・・・ですね。
 
人との会話だけでも、脳で言語を聞きとり、
それに対する答えを導き出します。
 
その時にどのように、答えていますか?
 
無理をして気を遣ってしまう方、
 
ハイハイ、と言われるままに動いてしまう方、
 
ありのままでなく、繕ったり、過剰に表現してしまったり・・・。
 
このような方は、きっとそれだけで、
エネルギーの浪費があると思います。
 
そして、相手の反応に対して、
ネガティブな感情を持ってしまうと、
これまた、エネルギーはどんどん減っていきます。
 
気持ちを上向きにするって、
大変ですね。
 
自分の心に何と言って言い聞かせるのか?
 
これは、とっても大切なことであると
私は感じています。
 
自分を変えることで、人が変わります。
 
自分はさて置き、人を変えようだなんて、
まず、それは、無理な話です。
 
人は、変わりません。
 
でも、自分を変えることは出来る!!
 
ここで、矢上師匠の名言・・・
「こなす生活」ではなく、「味わう生活」を送ること
 
それは、自分の時間を大切に
自分を見つめる時間でもあります。
 
GW中の葬儀で、私以外の家族はへとへとでした。
 
私も、悲しむ時には、とことん、
悲しんで泣きましたが、
 
それ以外では、たまに会った親族と
お喋りをしたり、
 
普段会うことのない職人さんの観察をしたり、
 
(人間ウォッチングは、好きです)
 
ご家族の悲しみの中で、
私の出来ることは何だろう?と考えてみたり・・・。
 
お金の管理は、日頃から慣れていますので、
出入りをしっかり、まとめたり。
 
滞りなく、スムーズに葬儀が終わるまでを
積極的に、サポートさせていただきました。
 
お蔭様で、大きな問題も起きずに、
無事にお別れをすることができました。
 
家族はぐったりでしたが、
私は、そんなに疲れてはいませんでした。
 
自力整体での整心法が、ここぞという時に
良い方向に働いてくれていたのだと思います。
 
お別れを味わい、
皆さんと共有し、
これから、また、ひとりひとりが自分の道を
歩んでいく決意を新たにした瞬間。
 
目的を持って行動していって、
 
それが、予定通りに出来た時、エネルギー値は
上ります。
 
毎日の中に、味わうことを意識する。
 
自分の時間を大切に、一瞬を、今ここを
生きること。
 
欲張っては、それは味わえませんね。
 
一日一善!って、ちょっと意味は違うけど、
くれぐれも、欲張らないということが、
良いのかもしれません。
 
数をこなさなくとも、
エネルギーは充分に満たされますよ。
 
お義父さん、これからも、
私たちを見守っていてくださいね!
 

Img_20171104_194641

昨年のお義父さんのお誕生日を祝って

ステーキ屋さんにみんなで食事に行った時の

写真です。

半年前のことです。

急に弱ってしまったんだな・・・って思う。

「生きよう」って気持ちが弱った時に、
あっという間に、衰弱しました。

確かに、エネルギー値が下がっていくのを
感じた瞬間が何度もありました。

これからのお義母さんを見守っていきます。

お義母さん、整心法・・・気に入ってくれています。

 

2018年2月24日 (土)

癖に気づく

にっこり自力整体のおおの けいこです。

 
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
 
今日は、夜の大戸会館のクラスです。
夜ですのに、皆様、多数のご参加を
ありがとうございます。
 
夜の自力整体は、帰ってから、食事されても
構わないのですが、
 
もし、食べずにそのまま眠れそうでしたら、
食べない「空腹睡眠法」をお試しください。
 
からだの不調を治す自然治癒力が、
存分に発揮されると思いますよー。
 
何気なく行っています食事、
食べて、消化し、吸収、排泄、
本当に大変な作業だと思います。
 
その作業を365日絶え間なく続けているからだに
感謝ですね。
 
前回の夜クラスは、電気スタンドを持参し忘れ、
廊下の電気越しに行いました。
 
充分に明るい感じでした。
 
今日は、忘れずに持参しますね。
 
真っ暗な中での自力整体は、
自分のからだにより深く、集中することができ、
 
余計なものをすべて、取っ払いたくなります。(笑)
 
そして、自分が、こうして、自分のからだを
大切に、いたわって、ケアしていることを
誇りに思える。
 
誇りに思えるということは、
自分に自信が持てていくということです。
 
自分を尊重できるということです。
 
自分を好きになれる・・・これも大切ですよね。
 
真面目な方は、自分を追い込んでしまったり、
出来なかったことに捉われて、
ダメだ・・・と思いがちです。
 
そんなこと、ないのに、
気にしなくていいのに、
人を気にしなくていいのに、
自分をもっと大切にしていいのに、
 
それが、なかなか出来ない方もいます。
 
自分を知るって、本当に大変ですね。
 
私も最近、また新たな自分の癖を発見しました。
 
「まあ、いいか」と思うことです。
 
深く考えないで、その時の流れや直感で
「まあ、いいか」ということを決断するのですが、
 
後後、考えると、、、
何となくですが、納得できていないこともあったりする。
 
直感に従って、ピンポイントに
GOODな方向へ進んだ時と、
 
そうでない時が、大きく分かるようになってきました。
 
それで、「まあ、いいか」と思う自分の感情を
ちょっと考えるようになれました。
 
(お教室での自力整体のことでは、ございませんよ!)
 
一日、一日を大切にするために、
「まあ、いいか」は、あまり良い選択ではないのかも・・・
 
無意識の中での確実な選択ならば、
後々に良い方向に進むので、気にならないと言いますか、
 
これが良かったと言えますが、
 
そうでない時を振り返ると、
まだまだ、私の感情を見極めて、
行動に移す必要があるのだろうな・・・・と
 
妙に納得しました。
 
気づけた自分を嬉しく感じます。
 
皆様には、何気なーい癖はおありですか?
 
何気なくやっていることに、
わざわざこだわらなくても良いようにも思えますが、
 
何か上手くエネルギーが回ってないとか、
ワクワクしない!と思ったら、
少し、気づく必要があるかもしれませんね。
 
本日も気持ち良く、自力整体をさせていただきますね。
 

Img_20180219_1542581_2

河津桜でしょうか。
ちょっと、ピンボケですみません。

春がそこまで来ているんだなあ・・・。

今年は例年よりも開花が遅くなっているそうです。

時期を待っている・・・
自分で花を咲かせる・・・

植物って、すごい能力を持っているんですねぇ・・・。

感動しますねぇ。

2018年2月19日 (月)

闘う顔とゆるがないメンタル、そして夢

にっこり自力整体のおおの けいこです。

 
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
 
今年の確定申告(個人事業分)を、税理士さんにお願いしました。
 
それで、そのままパソコンごと、税理士さんい送るという
荒業をしております。
 
そのために、いつの時代のパソコン?という
古いノートパソコンを長男から借りました。
 
「今時、VISTAはないでしょう?」
 
まあ、ほんの数日間、間に合わせておけばいいと思っていましたが、
 
やっぱり不便・・・。
 
しかも、ちょっと返却が延びそうで・・・、
ちょっとストレスが溜まってきている。
 
パソコンを触らない生活も、快適なんですけれど、
ルーチンが決まっているので、
落ち着かない感じもしています。
 
そんな最中に、ホームページがクラッシュして
見られてなかったという状況が起きました!
 
あ、あ、あ、あ、あ、あ、・・・・
といった心境で、汗、汗。
 
お教室の申し込みをしようとしていたHさんが
「私のスマホがおかしくなったのか!?」と
直ぐに連絡をくださり、感謝!
 
ホームページの更新手続きが、うまく出来ておらず
大変ご迷惑をおかけ致しました。
 
もう、順調に反映されています。
 
 
冬季平昌オリンピック、楽しんで応援しておりますか?
 
最初の感動をもたらしてくれた
女子1000mのスピードスケートの、高木さんと小平さん!!
銀と銅メダルを獲得されましたね!わぁお!
 
これまでの軌跡・・・が、試合の前に流されていたのが
とても印象に残っていて、
アスリートのすばらしいメンタルに感動しました。
 
といいますか、己を追い込み、
必ずや、リベンジを!とか、
自分との闘いです!とか、
 
「勝ちに行くこと」が必須なので、、、
おー、こわっ!(本当は、笑顔の可愛い女子なのにぃ~)
 
テレビの画像がクリアな為に、
ちょっとバランスを崩したり、
想定外なレース展開になった時に、
 
顔が・・・ゆがむ!
美しいお顔が、豹変する!
 
4年間の苦しみを、この1本のレースにかけるわけですから、
もちろんそんな顔になるのも分かります。
 
私たちは、応援するだけです・・・。
 
セレモニーでの笑顔で、ようやく、
「良かったですー」って安堵いたしました。
 
氷との対話、
氷と楽しむ!
 
小平選手のお言葉でした。
 
平常心、自分に集中、メンタルの強さが
問われる場でしたね。
 
小平さんは、500mの競技では、見事に金メダル!
 
何度も大会で、優勝してきた自信のある500m・・。
でも、でも、本番1本で、何が起こるかわからない。
 
またしても、、、
小平さんのスタートに立つ前の可愛いお顔が
怖くなった・・・。
 
解説者の方が
「獲物を狙う目になっています!!」と
もう、小平さんが獣のようにも見えてきました。
(例えるなら、チーターとかヒョウでしょうか・・・)
 
しかしながら、惚れ惚れとする太ももです。
はい、私は、ついつい、からだの特徴を
無意識で捕らえております。
 
あのももちがあるから、成し遂げられるのだなあ・・・って、
誰もがもてるももちではありません。
 
私も装備してみたい!
なんちゃって。
 
夢を叶えられるって、どんな感情なんでしょうね。
私たちも、夢に向かっていくよ!
 
そして、これまた、感動を世界に、日本に、届けてくれた
羽生さん!
宇野さん!
素晴らしかったですー。
 
羽生さんは、まだまだ駆け出しの頃から、
私は、ビッグな選手になるだろうなあ・・・と、
目をつけておりました。
 
と、いうよりも、好みの表現の仕方をする方だな・・・と
美しい、繊細な、線のきれいなところが
私のアンテナがピピピとしたと記憶しています。
 
私の勘が当たった!と4年前のオリンピックで
喜んでおりました。うふふ。
 
いや、たまたまかな?
 
ゆずくん、たくさん泣いていましたね。
すっかり、浄化できたのではないかな?
 
邪念の渦巻く競技の世界・・・、
よくぞ、耐えて連覇を成し遂げましたこと、
 
メンタルの強さを強調されていましたが、
本当に「心」だと思います。
 
いざというときに、肝が据わっているような心を
秘かに、鍛えていきたいと思ったりしました。
 
がんばれ、日本!
 
今日を終えたら、また、先の未来に夢をつくる。
生きるうえで、必要なエッセンスだと感じました。
 
 
 
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック