2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ペット

2015年11月21日 (土)

無防備な半蔵に学ぶ

 
このブログのhanhanというのは
我が家の飼い猫、半蔵の呼び名であります。
今や、我が家ではアイドル。
でも、我が物顔はしておらず、
とても控えめ。
ご飯の時間、朝8時と夕方6時の
5分前にうろうろしだして
「ご飯?」と聞くと
愛らしい声で「ニャー」と返事をします。
 
それから、芸当もあります。
グリーンの猫用リードを
猫タワーの最上部の
おやすみハンモックの中に投げ入れると・・
とっとこ、とっとこと、猫タワーを
昇っていって
ハンモックの中の猫用リードを
ズルズルと引きずりながら
持ってくるのです。
こんなことができるのは
ワンちゃんだけかと
思っていたので、
なんて可愛い奴なんだーって
スリスリしちゃいます。
あーっ、私に機械を使いこなせる芸当があれば
YouTubeにアップしちゃうのにーっ。
 
半蔵は動物病院で保護されていたらしく
某動物病院の里親募集の張り紙を見て
里親申請をして、出会った猫です。
猫と面会をして、双方が気に入ったら
めでたく引き取って家族になります。
初めて半蔵を見たとき、
歩き方がちょっと変だなと思いました。
お尻をフリフリしてなよなよと歩いている感じ。
しっぽは鍵尻尾というのだそうで、
曲がっていました。
かなり大きく、もう3ケ月たっていて
子猫というよりは、
ちょっと大きくなった猫でした。
息子のRは、前に飼っていた猫・シマの死に
トラウマを抱えていて、
旦那と下の子Hは、すぐに猫を飼いたいと
言っていたものの、Rは頑なに拒んでいました。
なので、この半蔵との面会には
私とRで向かったのでした。
半蔵はゲージの中でRの差し出した手にはめていた
腕時計にじゃれついていました。
茶トラの柄は、私にとってもRにとっても
初の出会いです。
あー、この子は我が家に来るように
道が決まっていたんだな・・と
自然な形で家族になりました。
 
20120623_165234
 
1年以上たっても、半蔵は鼻が悪く
始終フガフガ言っています。
鼻水が出て鼻の穴の出入り口に
固まって鼻の穴を塞いでしまう。
時々、くしゃみをして、とても大きな
色のついた鼻水?鼻くそ?どろっとした固まりを
見事に出します。
最初の頃には病院に通い
薬を飲ませていましたが、
止めればまた、鼻どろは出るので
結局は鼻炎かアレルギーか、生まれつきの体質と
見守ることにしました。
それにしても、家のあちらこちらに
半蔵の鼻水の跡がカペカぺに乾いて
くっついていたりします。
家の中を掃除しなさいということです。
奇形なのかな・・胸の骨もでているし、
後ろ足の筋肉も弱くて
シマのように、テーブルなどの高いところには
ジャンプできません。
可愛そうに・・と言われたこともありますが、
私はそこがまた、半蔵だなと
愛おしく思えます。
私も今や、からだが万全では無くなって
でもそれでも、生きるということを課せられて、
改めて生きていることが幸せと感じ
人と同じでないことが気にならなくなり
かといって、不憫か?と言われたら
そうではない。
そのままの自分を受け入れられたみたい・・
半蔵も、いつも幸せそうに
走り回ったり、甘えてきたり、じゃれついたり・・。
半蔵は生まれたときから
自分のからだをしっかり受け入れていたんですね。
人間のように愚痴ひとつ言わず(言えないか・・)
でも心は通じています。
私が元気になるように
我が家にきてくれたんだなって
必然の出会いに感謝しています。
 
20150615_154030
 
1歳と半年になりました。
大きくなって、重たくなって、
どっしりと抱きごたえがあり、
子猫のときより安心感があります。
茶トラは大きくなりやすいようで。
最初は毛もカサカサしていて、
艶がありませんでしたが、
今や毛が抜け代わりモフモフふかふかしてます。
あたたかい・・・。
ナビ養成に行く時には(泊まりなので大荷物)
足に絡みついて行かせまいとする。
帰ってきて、抱っこしようとすると逃げる。
照れくさいらしい。
後から甘えにくるんですけどね。
いつまでも、一緒に長生きしようね。
半蔵ののびのびポーズは
にっこり自力整体のチラシにも
入っています。
猫のようなしなやかなからだを目指して
自力整体ですね。
そういえば、猫はからだが固く
なることはないです。
老化しても、柔らかさは保てている。
人間との違いは?
やっぱり、いろいろ食べ過ぎて
いるんだろうな・・。
 
 
20150713_212328
 
 
 

2015年6月 6日 (土)

原因を探れ

 
昨年末から、顔にぶつぶつ、赤い湿疹ができるようになった。
かれこれ、半年。
それまでに、いろいろと心当たりを削除してみたりした。
 
まず、基礎化粧品。
それから、日焼け止めクリーム、ファンデーション、
化粧をするのはやめてみた。
基礎化粧品は、化粧水だけしか使っていない。
保湿クリームや、美容液の類は
病気をしてからは、ほとんど使うことがなくなった。
化粧品は保存料、防腐剤が入っているものは×。
お金が一気にかからなくなった。
 
それでも、ほほに湿疹がのこる。
洗顔石鹸は、悪いものは入ってないし、
メイク落としは、オリーブオイルで作ったもの。
何も使えないじゃないかーって
こんな体を呪ったりもする。
皮膚科へも一度受診してみた。
やはり顔に直接影響するもの、で、あろうとの診断。
一度、飲み会があってその後でひどくなったので
アルコールではないか?
普段、食べなかった肉を食べたから?
卵も久しぶりに食べた?
思い当たる節を聞くが、
「食べ物で出る湿疹(アレルギー)は、顔だけに限らず
全身に出ます」
と、ステロイド剤を処方された。
 
ステロイド・・、塗るとスーッと翌日には赤みが消える。
で、塗らないと、また、ひょっこり赤みがでる。
洗濯の時に使う柔軟剤を止めてみたり、
はたまた、洗濯石鹸か?
ティッシュで顔をふいてみたり、
化粧水も何個かったことか・・。
いろいろ試して見た結果、
最後にどうしても赤みの治らない箇所が
絞られてきて、
ある日、唇が非常に荒れだしたのだ。
顔の赤みと一緒に唇の乾燥も気になって
それこそ、口紅も、リップクリームも変えた。
でも、まただ。しかも、かゆみが増している。
薬局でワセリンを買って対応したら、すぐに治った。
妹が、「今まで食べていたものを、急に摂らなくなるのも
良くないみたいだよ。ビタミンB²だってー。卵とか、肉とか」
と調べたことを教えてくれた。
「あと、半ちゃんのスリスリとかねー」
・・・???
半ちゃんとは、我が家の愛猫、半蔵である。
昨年、10月にもらってきた。
半蔵は生まれつき鼻に疾患があるのか
年がら年中、鼻水を出している。
クシュンとくしゃみをした後で
自分の出した鼻水をペロペロ舐めとってしまうのだ。
あちこちに鼻水を飛ばした痕跡もつくっている。
薬を飲ませてみたけど、結局は治まらない。
可哀想だけど、でも、悪いものは体の外に
ちゃんと出そうとしている自然現象なんだ。
「もっと、鼻水を飛ばせ―っ」と
応援していたくらいだ。
 
20150605_211917
 
その半ちゃん、私の顔にスリスリするのだ。
甘えた声で鳴いている時、
やけにじーっと見ているなと感じた時、
抱きかかえると、私のそれこそ唇あたりめがけて
鼻水を擦り付けるように
スリスリして甘える。
家族の中で、私と息子Rにしかしない。
結構、自慢だったわけだ。いいでしょー・・みたいな。
そ、それが、原因かも!?
 
疑いをもってから、1週間、
半蔵を抱っこしても、顔は上を向き、
決して半ちゃんと目をあわさないように、
顔にスリスリをさせないようにしている。
でも、何だか淋しい気もするな。
猫アレルギーになちゃったのかな。
体が敏感になりすぎるのも、良くないのでしょうね。
 
仕方なく、これでもか、これでもか、というくらい
半蔵のからだを撫で回しています。
そういえば、まん丸になって寝ている
半蔵のふわふわのからだの中に
家族の誰もが顔をうずめて
「半ぞうー、可愛い奴だー」とモフモフしている。
私も人一倍していた。気持ちいいのですよ。
やっぱり、これか、原因は。
赤みが薄くなりつつあるのを確認しながら、
モフモフをしたい衝動にもかられている。
 
20150605_212034